透明感がある女性の特徴!透明感ある女性になる方法大公開!

透き通るような肌、屈託のない笑顔、女性なら誰もが憧れる透明感ある女性にはどんな特徴があると思いますか?

今回は、透明感ある女性の特徴を知り、透明感ある女性になる方法を探っていきます。綺麗な女の子より、可愛い女の子より、ワンランク上の、透明感ある女性をぜひ目指してみましょう。

透明感とは?

「透明感」とは辞書で引くと、『にごりなく明るい感じ。』とされています。

つまり透明感ある人、というのは『にごりなく、透き通るようなイメージを持てる人』と言い換えることができます。

透明感がある女性の特徴 【外見編】

透明感ある女性の特徴にはどんなものがあげられるでしょうか?

自分でもイメージを浮かべながら、透明感について考えていきましょう。

透明感ある女性は肌が色白で綺麗!

透明感がある女性の一番の特徴は、きめ細かな色白の肌です。

透明感を謳っている商品のCMに採用されている女優・モデルさんも、この美肌・美白という条件に当てはまる人ばかりですよね。

つまり透明感を手に入れるためには「日焼け対策」と「美白対策」「美肌対策」が欠かせません。日焼け対策の具体例としては「日焼け止めをこまめに塗る」「日傘をさす」美白対策としては「ビタミンCを積極的に摂取する」「美白用の化粧品を使う」美肌対策としては「三食バランスよく食べる」「運動をする」「十分睡眠時間を確保する」などが挙げられます。

このように日頃から自分の身体や肌と向き合って、しっかりと手入れすることで透明感を手に入れることができます。また継続的な日頃のケアができる細やかさも、透明感がある女性の特徴だと言えるでしょう。

透明感がある女性は髪に艶がある

女性の透明感は髪にも現れます。特に髪の毛の艶が重要で、どんな色に染めていたとしても、艶がなくては透明感があるとはいえません。

例えば黒髪でも、パサついていたり、ゴワゴワしていると、透明感を感じるどころか、疲れた印象や不潔な印象を与えてしまいます。

反対に金髪だったとしても、ツヤめく金髪であるのなら、多くの人がその女性に清潔感や美しさを感じ、それが透明感にも繋がります。

また髪の美しさに年齢は関係なく、例えその女性がお年を召していたとしても、その髪にツヤがあれば、上品な透明感を感じる素敵な女性に見せてくれます。
古来より髪は女性の命といいますが、その命を日々大切に、そして丁寧にケアし続けることができる女性が、透明感を勝ち得ているとも言えるでしょう。

ナチュラルメイク

透明感のある女性は、肌が綺麗なだけでなく、ナチュラルで素肌感溢れるメイクをしています。

そもそも、素肌がきめが細かく白く美しいので、ごてごてと化粧を塗り重ねる必要がなく、そのためより透明感が増して見えるのです。

現在は、ナチュラルメイクの動画や、素肌感をUP方法が多く配信されています。なので透明感ある女性を目指したい場合は、肌のお手入れと共に、ナチュラルメイクの研究を行うのが、透明感あふれる女性になる近道といえるでしょう。

瞳が綺麗

透明感のある女性は、瞳が綺麗です。

目は口ほどにものを言うと言いますが、心の中は瞳に現れます。
いくら姿や顔が綺麗でも、なんとなく透明感の感じられない女性の原因は、目から放たれる光の輝きが乏しかったり、なんとなく目に覇気がなかったりということも多々あります。

瞳の光には、清らかな心や、その人の持つ知性、それまで培ってきたその人の人生が現れています。
目の形が美しいのは、もちろん透明感のある女性になるために大きな要素といえますが、目の大きさや形よりも、「どれだけ澄んだ目をしているか?」が透明感を感じさせる瞳の要素としては肝心です。

爪が綺麗にそろえられている

小さなことですが、お手入れされた爪も透明感がある女性の特徴の一つです。

爪にはその人の健康状態が顕著に表れるため、爪がつやつやで手入れされていると、人は自然と「この人は地に足をついた生活を送っているんだな。」とか「しっかりした人なんだな」という印象を受けます。

ネイルは自身のテンションを上げるために、一役買ってくれる大切なものですが、もし透明感ある女性を目指したい場合は、そのままのピンク色の爪を少し磨いて、ピカピカにしているくらいがちょうどよいといえるでしょう。

歯が綺麗

透明感のある女性は、肌と歯の白さにも特徴があります。

男性も女性も笑顔はコミュニケーションのツールとして非常に大切です。そんな笑顔を見た時、相手の綺麗な歯並びの白い歯を見たら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか?

笑顔がより一層輝いて見えたり、その女性に対して好感を持つきっかけとなるかもしれません。芸能人などテレビに出る仕事をする人が、歯を矯正したり、ホワイトニングにお金をかけるのも、歯が人に与える印象が大きいためといえるでしょう。

透明感がある女性の特長 【内面編】

笑顔が多い

笑顔が多いというのも、透明感を感じる女性の特徴です。

透明感というと前述した、肌・髪・目など外見的なことに目がいってしまいがちですが、笑顔が多いというのも大きな要素となります。

透明感がある女性は心にゆとりがあるため、笑顔で他者に接することができます。常に笑顔でいるというのは、心がけても中々実践できることではありません。

しかしそれが自然とできるのは、その女性の心が穏やかで優しく、それがにじみ出ているため、笑顔が透明感を作り出しているのです。

外見のケアだけでは達成できなかった透明感を実現するためには、豊かな気持ちを持つこととが重要といえます。

清潔感がある

外見の特徴は色々上げましたが、総じて透明感のある女性は、必ず清潔感も身に着けています。

清潔感は人の印象を大きく左右する要素なため、清潔感があるとより好印象を持たれ、透明感ある女性として認識してもらえることになります。

また日頃から身だしなみに気を使っているということは、透明感を手に入れるためには必要不可欠な要素なので、清潔感がある女性であることは透明感のある女性の土台といえるでしょう

心が綺麗

心の綺麗な女性も透明感がある女性の特徴の一つです。

例えば、心が楽しいと、笑顔になったり優しくなれます。

心のバランスが崩れると、泣いてしまったり暗い顔になってしまいます。

心が苛立ってしまうと、不機嫌な顔になってしまいます。

心はいつも、自分自身を写す合わせ鏡です。

だからこそ心が綺麗な女性は、内面から出る輝きで、透明感を自然と醸し出すことができます。日々の人間関係やストレスで疲れてしまう時、自分自身を癒してあげながら、また明日輝ける様に気持ちを切り替えていける女性こそが、真のキラキラした透明感のある女性なのです。

言葉遣いが綺麗

透明感のある女性は、言葉遣いがとても綺麗です。言葉遣いが丁寧というよりは、粗暴な言葉を使わないというのが正しいでしょう。

例えば、「あの人は馬鹿だ。能力が低い。」といった人をけなすような言葉や言葉遣いをしないため、相手に不快感を与えません。

自分のことについて話す時も、裏表なく話すため、周りの人から「あの人は信用できる人だ」「あの人は、嘘は言わない人だ」と自然と信用を得ることができます。

言葉はその人の人間性を顕著に表すため、言葉遣いが丁寧でかつネガティブな言葉を発しない人は、透明感ある女性の大きな特徴といえます。

透明感がある女性になる方法!

さて透明感のある女性の特徴が分かったので、次は透明感ある女性になるにはどうしたらよいか考えていきましょう!

髪のお手入れに力をいれよう!

透明感ある女性になるためには、髪のお手入れに力を入れましょう。

もちろん、お肌や化粧など注意を向けるべき点も多々ありますが、カラーが抜けた赤茶色な髪色や、アイロンの熱で痛めたバサバサの髪質、何も手入れされていない癖毛などの髪に、透明感を感じる人はいません。そこで髪のお手入れは以下の3つのステップを踏んでみましょう。

  1. まずは、髪を丁寧に櫛で梳かしてゆきます。この時のコツは根元を中心にブラッシングすること。根元に溜まった汚れを表面に出していきます。ブラッシングは髪をとかすことだけでなく、汚れを浮かすという点で重要なため、疎かにしないようにしてください。
  2. 次に洗髪です。水を多く含ませたシャンプーをしっかりと泡立て、根元を中心にやさしく、丸を描くように指の腹で洗っていきます。汚れが落ちるようにしっかりと抜かりなくお湯で洗い流しましょう。洗い残しの泡は、髪の根元を塞いでしまい、髪の毛のトラブルに繋がります、コンディショナーやリンスなど、髪先へのケアも忘れずに!
  3. 最期にブローは、お風呂からあがったらなるべく早く髪を乾かすことが良いでしょう。時間を置いては、雑菌が溜まってしまいます。また高温すぎると髪を痛めることに繋がるため、中温程度で髪から少し放した位置でブローをしましょう。

ブラッシング、洗髪、ブロー、あたりまえのことを丁寧に行うことで髪を綺麗に保ち、それらは透明感のある女性へのステップとなります。

髪のお手入れし艶を保つことは、どの年代の女性にも当てはまる重要なことです。お肌と同じく、髪も一度傷んでしまえば、すぐには元に戻ることはありません。

ぜひ透明化ある女性になりたい!!と思ったら普段のお手入れを少し丁寧にして、艶のある綺麗な髪を手に入れてください。

透明感を手に入れるためには、保湿に命をかける!

透明感がある肌になるためには、毎日肌に十分に水分と油分を浸透させてあげましょう。

水分と油分が不足している肌は、乾燥してカサつきがちなので透明感が出ず肌の色がくすみがちになります。

化粧水でパックをしたり、クリームや美容液も、手で温めながら肌になじませることで肌の奥まで化粧品が浸透していき透明感が出やすくなります。

30代を超えると、女性の肌は乾燥しやすくなり、シワが増えやすくなってしまいます。丁寧なスキンケアを行っても肌の状態が変化しない時には、保湿力の高い美容オイルをスキンケアに加えると、化粧品が肌の上で蒸発しにくくなり肌が乾燥しにくく肌に透明感が産まれます。

透明感がある肌になるためには保湿が必要不可欠なので、肌質に合った保湿化粧品をしっかりと肌に浸透させてあげることが大切です。

時間がない時でも肌を保湿して透明感のある肌になるためにオールインワンゲルなどを使うなど、自分の生活スタイルに合わせて『保湿を疎かにしない』ということを心がけましょう。

ファッションで透明感を上げよう

透明感の反対のイメージを考えてみましょう。けばけばしいとか派手という印象ではありませんか?そこで明るすぎる、あるいは個性的過ぎるヘアカラー、濃いメイクを避け、洋服も派手な色や黒など濃い色ばかり着るのを避けましょう。

透明感を演出するにはヘアカラーは肌を白くキレイに見せてくれるアッシュ系、ダークブラウン系などがおススメです。また、メイクはナチュラルを心がけましょう。
ナチュラルメイクと言っても難しいことはありません。例えばアイラインをブラウンにしてみたり、チークをいつもより薄くしてみたり、アイシャドウを単色で使用したり…ちょっとした引き算メイクでも印象はぐっと変わります。

もちろん濃い色の洋服がダメということありませんが、透明感を演出するには白、パステルカラーを取り入れたほうが効果的です。

芸能人で透明感のある女性を思い浮かべてみてください。もちろん肌のキレイさもありますが、金髪の方やけばけばしいギャルメイクの方、派手すぎるファッションの方に透明感は感じませんよね?
ナチュラルでその人そのものの美しさに目が行くファッション、それこそ透明感のある女性になるコツです。

体を内側から磨く

透明感のある女性になるには、見た目のお手入れはもちろん大切ですが、
体を内側から磨くことも必要です。

まずは毎日食べるものに気を配りましょう。お肉や揚げ物ばかり食べず、お野菜、そして豆腐などのたんぱく質も、バランスよくきっちり摂取します。質のよいお味噌を使ったおみそ汁や、甘酒などの発酵食品もお薦めです。

透明感の一番の鍵となるお肌も、日々食べているものから作られています。例えばお肌には高級化粧水を与えているのに、食べてる物がジャンクフードでは本末転倒。

日々、口にしているものが明日の私たちの体を作るのです。

外見を磨くことも大切ですが、ぜひ合わせて体を内側から磨くことも考えてください。

メイクの前に肌の血のめぐりをよくしよう!

メイクの前にマッサージをして、血の巡りをよくし透明感を手軽に手に入れましょう。

肌がくすんで見える原因には、『血流の悪さ』が関係しています。そこで美容液やメイクで整える前に、まずは顔の血流を良くするようにしましょう。

  • 手を広げ、親指以外の4本の指で額の中央から、首に向かってリンパを流しましょう
  • 次に中指と薬指で顎をはさみ、耳までなでるように引き上げ最後に首へとなででリンパを流しましょう

どれも優しくやるだけでOKです。顔の血流が良くなれば、自然と肌の透明感は上がります。ファンデーションや、美容液を見直す前に、ぜひまずは肌の血流をあげ、いつもよりワンランク上の透明感を目指して見ましょう。

十分な睡眠をとる

睡眠時間をとり健康な体や肌を作ることで、透明感を醸し出す女性になりましょう。

睡眠時間は6時間~8時間がベストです。それより短い睡眠が続いている人、逆にそれよりも長く寝てしまう人は生活習慣を一度見直してください。

また睡眠時間だけでなく、「眠り始めから、ぐっすり眠れるか」、で肌にはで大きな違いが出ています。お肌は眠り始めの90分に、一番多く成長ホルモンが分泌されるため、この時間にいい睡眠をとることがお肌にとって大きなプラスをもたらします。

睡眠の質を上げることは、お肌だけでなく体調、やる気など、生活の質の向上につながるため、ぜひ透明感を手に入れ、素敵な毎日を送るためにも、現在の自分の睡眠環境を見直してみましょう。

透明感がある女性になるために白さを磨こう!

透明感のある女性になるためには、肌の美しさや白さ、歯の白さなど『白』を磨いていきましょう。

肌の白さの一番の大敵は、紫外線です。晴れの日だけでなく、曇りの日や雨の日、冬でも紫外線は降り注いでいるので、シミやそばかすを防ぎ、白さを継続させるためには、常に日焼け対策をとっておきましょう。

また歯の白さを手っ取り早く手に入れるためには、インプラントやホワイトニングという方法もありますが、自宅でできる研磨剤入りの歯磨きや、歯磨きの回数を増やすなど、手軽にできることから取り入れてみましょう。

白さを磨くことは、透明感を手に入れるためには必要不可欠です。

透明感は年齢に関係なく、努力したものにだけ訪れます。ぜひ白さに磨きをかけて、あなたらしい透明感を手に入れてみてください。

清潔感は必要不可欠

透明感ある女性だけでなく、清潔感を持つことは素敵な女性になるためには必要不可欠です。

誰だって、汗臭いにおいがしている人にいい気持ちはしませんし、ヨレヨレの服を着ている人を見て素敵だとも思いません。

清潔感は意識すれば改善できる、素敵女子になる一番最初の突破しやすい階段なので、ぜひ日ごろから無意識で達成できるようになっておきましょう。

もし清潔感がよくわからないという場合は、

  • シャツの襟はよれてはいないか?
  • 自分の服の匂いはどうなっているか?
  • 口臭など自分がわかりにくいにおいに気を使っているか?
  • 服のしわなどを気にしたことはあるか?
  • 外出する前に一度でも鏡の前に立っているか?

の5つの問いをぜひ自分へ問いかけてみてください。5つのうち3つがYESなら、あなたは清潔感がある人といえます。もしYESが3つ以上ない場合は、今後気を付けていきましょう。

透明感だけでなく、清潔感は好感を持ってもらうために最低限必要はマナーなのでぜひ実践してください。

全体的なバランスも大事

いままで透明感を出す方法を述べてきましたが、透明感ある女性になるためには全体像を掴むことも重要です。

透明感ある女性は年齢・国籍・など関係なく、無意識に見続けたくなる女性と言い換えることができます。

顔立ちが綺麗であっても、お化粧が濃かったり、清潔感がなければ透明感があり、いつまでも見続けたい女性とは言えません。

スタイルが良くても、お洒落な格好をしていても、肌が荒れていたり目が荒んでいては、透明感があり見続けたい女性とはいえません。

つまり、全体的なバランスも『透明感』という言葉には重要といえます。顔立ちがパッとしない、スタイルが悪い、だけど言葉遣いが丁寧で、お肌が綺麗で清潔感がある。そんな女性は、きっと透明感がある素敵な女性だと周りに印象付けることができるでしょう。

透明感とは、努力し手に入れる全体的なバランスからも生まれるということがいえます。

まとめ

透明感のある女性の特徴と透明感ある女性になる方法はいかかでしたか?

透明感とは、生まれ持った容姿で決まるものだけではありません。日々の細やかなケアや、内面からにじみ出る性格、そんな多くの要素が集まり、女性の魅力を引き上げることで『透明感』は生まれます。

ぜひ、透明感ある女性になりたい!と思ったら今回紹介した方法を試して、「綺麗」や「可愛い」一歩先にいった「透明感ある女性」を目指してみてください。

この記事があなたの魅力を引き上げる、きっかけになれることを願って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です