気力がない時の14個の改善方法!

今回は気力がない時の様々な改善方法についてお話します。生活を続けていると、疲労が溜まり、どうしても気力がない状態が続いてしまうことがあります。そんな時に、気力を取り戻し、元気になるための方法について記載します!

以下、簡単な目次となります。

では、いってみましょう!

気力がない時の8つの改善方法「インドア編」

家でだらだらと1日過ごし休養を取る

一般的な方法となりますが、気力がない時は、とりあえず何かしようと思わずに、家でだらだらと1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。肉体的、精神的な疲労が、気力をなくす原因になることも多く、思い切って休養をとることにより、気力の回復が期待できます。

家の中でネットサーフィンを楽しんでも良いですし、好きなテレビを見たり、音楽に耳を傾けても良いでしょう。とにかく自身を開放し、日頃の疲れを労ってあげて下さい。

そして、1日の休養を心行くまで満喫すると、ふと「さて、そろそろいいかな。」という気持ちになり、不思議と気力が戻ってくるはずです。あまりに長く休み過ぎてしまうと、逆に罪悪感が沸くおそれがある為、1日休暇という短期間を目安にしてみて下さい。

とにかく簡単なことをやってみる

とにかく、その時にできる最低限のことに手をつける事も、気力がない時に行動するための方法として役立ちます。

ゴロゴロと寝ていたなら起き上がってみるなど、本当に簡単な事で構いません。そして、起き上がったら、次に立ち上がってみましょう。ポイントは、ひとつひとつの行動を起こす前、ゴチャゴチャと考えずに、心を無にしてとにかく始めることです。

体や手を動かしてるうちに、意外と今までのことを忘れて、気力が復活してくることがあります。例えば、食器洗いしたくないけど、とりあえず食器の前に立ち、コップひとつだけでも洗ってみると、ついでに他の食器も洗うおう・・・。という気持ちになり、数珠繋ぎ的に、他の事も済ませてしまう心理になります。

いろいろとネガティブなことを考えてしまい、気力がなくなる人には効く方法です。是非お試しあれ!

動画で他人の才能を見てみる

目標を見失い、気力がない時は、他人の才能に触れる事も気力を取り戻すきっかけとなります。目標がない時は、行動に対する、動機や帰属意識が薄くなり、承認欲求が満たされるイメージが持てなくなります。そのため、何もやる気になれない状態が継続しやすいです。

その解決策として、Youtubeなどの動画で、レベルの高いパフォーマンスを見ることで刺激受け、気力を回復させてみましょう。動画のジャンルは音楽やダンスなど、自身の興味が持てる映像であれば、何でも問題ないです。

そのパフォーマンスを得るに至るまでに費やした、時間と労力に思いを馳せ、それらを費やす決意をした情熱を、そのパフォーマンスから読み取ることで、自らを奮い立たせるきっかけを掴むことが出来ます。自分に合ったジャンルの動画を探せれば、きっと時間を忘れて、寝不足になる事間違いなしです!

やることをリスト化する

やることをリスト化し、するべき事を整理することも、気力がない時に行ってほしい対処法の一つです。リストを作るにあたり、PCでも問題ありませんが、出来ればペンと紙を用意し、アナログで書くことをおすすめします。

自分が抱えている作業を見える化出来、自分がやるべきことと、その「ゴール」が見えるので、ちょっとやってみようかなという気持ちになります。

リスト化作業が完了したら、すぐに終わりそうな作業から順番に番号をふっていきましょう。その後は、番号をふった順からリストの作業を淡々と消化していくだけです。また、完了したタスクについては、線を引いて一覧から消してしまいます。

少しずつ作業が終わっているという感覚を掴む事により、気持ちを盛り上げることが出来、気力がない時の作業も乗り切ることが出来ます。特に多くの業務を抱えて、仕事が忙しい方ほど、試してみて下さい!

目標設定を下げてみる

何か達成しなければならない目標がある場面で、モチベーションを保てず、気力が萎えてしまう場合は、その目標自体が高すぎる可能性があります。その場合、目標設定を下げてみることも、気力の回復には効果的です。

人は実現が可能でありそうな目標であれば、頑張ろうという気力が出やすいです。例えば、人気歌手になるという目標を掲げた場合、それまでの道のりには多くの苦難が待っており、達成は容易ではありません。そのような無理な努力を自身に強いていては、次第に気力も萎えてしまいます。

現実的に自身が頑張れるラインまで目標を下げ、堅実に努力をする事は、恥ずべき事ではありません。自身に合った目標を設定できたのであれば、また努力をしようという気力も沸いてくるはずです。

美味しいご飯を食べる

単純な対処法ですが、精神的な要因よりも、肉体的な要因で気力がない時に特に効く方法です。

食事を摂らないと、エネルギーは作り出されません。エネルギーは体を動かす原動力です。忙しさにかまけて、簡単なドリンクやスナックで食事を済ませてしまうことは、自身の健康に非常に悪い影響を与えます。

栄養のバランスのとれた食事をして、朝、昼、晩と一日三食、食べることを心掛けてみましょう。外食でも構わないので、一汁三菜を基本とした食事をよく噛むことで、毎日の活力となり、自然と気力も戻ってきます。

また、何か辛いことやしんどいことがあって、精神的に気力が出ない時は、食事をとったうえで、普段我慢している、大好きなスイーツやアルコールなどで、気分を上げていくのも良い方法です!そうしているうちに、時間が問題を緩やかに濁してくれるでしょう。

自己啓発書を読んでみる

自己啓発書を読む

気力がない時は、自己啓発書を読んでみる事も効果的です。管理人である私も、自己啓発書を読むのが好きで、疲れた時や気力が萎えてしまった時に、よく力を貰っています。

出来れば気力がない時は、具体的なハウツーが書いてある自己啓発書ではなく、人生の意義や、意味を説いたジャンルや、偉人達の自伝が記載されているジャンルがおすすめです。前者は内向的になった心の処方箋として、後者は偉人たちの努力の形跡を知る事で心強くなれます。

特に自伝に関しては、あの有名な人でも気力が萎え、弱くなってしまった時もあるのだと知ることが出来、自分一人ではないと勇気を貰うことが出来ます。自己啓発書に触れた事が無い方ほど、気力がなくなってしまった時には、是非手にしてみて下さい。きっと大きな発見があるはずです。

朝活を始めてみる

「朝活」を始めて見ることも、気力がない時には効果的な改善方法の一つです。「気力がないのに朝から活動するなんて!」と思われるかもしれませんが、内容によっては数分でも良いです。朝から外に出て散歩、ジョギング、カフェに行くなどの朝活もありますが、仕事に行く前に数分間で、部屋の中でできる朝活もあります。

朝起きて、まず部屋のカーテンを開け、太陽の光を浴び、水(できれば白湯)を1杯飲みます。ここまでは毎日同じですが、ここからはその日の気分で内容を変えて、例えば5分程度簡単なストレッチや、ヨガのポーズをとります。他にも、家の中全体でなくても、一部屋だけ朝起きてすぐに掃除機がけをする日もあります。このように、毎日活動内容をちょっと変えるだけで、飽きずに続けられるようになりますよ!

特に夜型の人は、生活リズムを改善する意味も込めて是非実践してみて下さい。朝日を気持ちよく浴びていると、次第に体に元気が戻ってくることが実感できるはずです!

気力がない時の4つの改善方法「アウトドア編」

ゆっくりと公園を散歩する

普遍的な方法ですが、気力がない時は自宅近くの公園に行き、ゆっくりと自然を楽しむことも、改善方法の一つです。

鳥の鳴き声や虫の音に耳を傾けつつ、地面を確かめる様にゆっくりと歩いてみましょう。この時、出来れば頭の中では何も考えず、空っぽの状態で歩くことをおすすめします。また、小さめの公園ではなく、緑の多い公園だとなお良いでしょう。

新鮮な空気を感じつつ、暫く歩いていると、不思議と気分が晴れて、気力が沸いてくるはずです。歩き疲れたらベンチで休み、軽食をとっても良いでしょう。またブルーシートなどを持参に、横になっても良いかもしれません。

日頃、自然に触れる機会が無い方ほど、効果がある方法です。是非、お試しあれ!

友人とカフェに行き美味しいスイーツを食べる

スイーツを食べる

これは、管理人である私が実際に行っている方法です。親しい友人を誘い、ちょっとお洒落なカフェに赴き、甘く美味しいスイーツを堪能します。

お互いに愚痴や他愛ない世間話をしつつ、スイーツを味わっているうちに、気力が徐々に戻ってくる事を実感出来るはずです。特に甘いものが好きな方なら、その効果が高いです!

単純な方法ですが、仲の良い友人と話すだけでも、気分が晴れる事は多いです。注意点としては、無理にアドバイスを求めるようなことはせず、ただ話すこと自体を楽しんでみましょう。

ジムでトレーニングを行う

全く気力がない時には少々難しい改善方法ですが、トレーニングを行い体を動かす事も、萎えた気力を取り戻す為に有効です。ジムに行って自分の体を動かして、極限までムチ打ってアドレナリンを出します。すると、不思議なもので、体はとっても疲れているはずなのに、そのジムトレーニングをやりきった達成感清々しさで、心にも余裕が出来て気力が湧いてきます。

筋トレの種目は何でも良い為、ただひたすら、何も考えず、無心でトレーニングを続けてみましょう!トレーニング後に、ゆっくりと温泉に浸かれば、身体は疲れていますが、不思議と充足感があり、気力が戻っている事に気づくはずです。

普段運動をしていない人が急に運動する場合は、怪我などの恐れもある為、十分に準備運動をしてから臨んでください。また、あまりに負荷の強いトレーニングは逆に身体に悪影響なので、出来ればインストラクターの指導に沿ったトレーニングを行うことをおすすめします。

気力がないときは美容室や理容室へ!

美容室や理容室へ行き、髪の毛を少しカットして貰う事も、気分を変えるきっかけとなり、気力がない状態から脱する事が出来ます。

美容室や理容室のスタッフの方は髪の扱いやカットが上手です。自分の髪を丁寧に洗って頂き、手入れして頂くだけでも、気持ちが明るくなります。また髪型は、意外とその人のイメージに大きな影響を与えます。髪型がスッキリ整うと、それだけでその人の全体の雰囲気が良くなります。

いくら服装やカバン、くつなどが高価でも、髪が伸び過ぎていたり、寝ぐせが有りますとイメージが悪くなりがちです。人の頭と顔の部分は大変よく目につくものです。

髪型を清潔に整っていると、タクシーの運転手や銀行のスタッフの対応も良くなるような気がします。また、歩行中、あちこちのショーウインドウやミラーに映る自分の姿を目にした時、髪型がキマっていると嬉しくなり、外見に自信が持てます。外見に自信が持てると、それだけで、ずいぶん気力が上がります。

気力がない時は、美容室や理容室へ行き、心と外見をスッキリ軽やかにされてはいかがでしょうか。

どうしても気力がない時の2つの対処法

気力が出るまで待つ

どうしても気力がない時は、気力が出るまで待ってみることも一つの手です。上述した様に、とりあえず動けば側坐核が刺激され、ドーパミンが出て、気力が湧き出ますが、そもそも動く気力さえない時に、無理に頑張るのは合理的な行為とは思えません。

食事や睡眠、趣味など、やりたい事がある時にそれを我慢する事は、精神的に大きなストレスとなります。それと同じように、気力がないという状態は、体が「何もしない事」を望んでるので、我慢して何かをするという事は、精神的に大きなストレスとなります。

そのため、気の赴くままにぼーっとして、意欲が湧いたら少しずつ行動する事が最適です。仕事がある日にどうしても気力がない場合は、休暇を取得することも選択肢の一つです。気力のある日に集中して仕事をこなした方が、間違いなく効率的かつ合理的です。

上司や周囲の目が気になるかも知れませんが、自分の体は自分にしか守れないですし、誰も責任は取ってくれません。心おきなく休んで、心身ともに健康的な生活を送るよう心がけましょう。

医者に相談する

ずっと気力がない状態が続いてる場合、それはあなたの身体が黄色信号を出している証拠です。上述した方法では全く気力が回復しなかった場合、まずは心療内科など専門医に相談する事を強くおすすめします。

どうしても心療内科を受診する事に抵抗がある方もいらっしゃるとは思いますが、現代社会は本当にストレスが多く、様々な事で心が擦り減りがちです。そのため無理に一人で解決しようとせず、専門家の力を借りてみましょう。

実際に本サイトの管理人である私も、一時期、心療内科に通っていました。それは恥ずかしい事でも何でもありませんし、実際に来院すると、思ったよりも様々な方が受診している事が分かるはずです。

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

気力がない時の改善方法として、様々な観点から記載しました。この中に一つでもあなたに合った方法があれば、本当にうれしいです!

また、上述した様に、どうしても気力がない時は、早めに医療機関を受診してください!「自分の健康は、自分で守る!」という意識をちゃんと持ち、上手に自分自身と付き合っていきましょう。

あなたの気力が一日でも早く戻ることを願って。

他、メンタル関連記事はこちら!

1 Comment

蟲子

参考になりました!
もう何年も夜型の生活を送っているので、ちょっとずつ早寝にシフトして、朝活してみようと思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です