劣等感やコンプレックスを克服するための11個の方法!

今回の記事では、劣等感やコンプレックスを感じやすい方に向けて、それを克服する為の方法について記載します。

どうしても他人と比べがちな人や、常に他者の視線が気になってしまう人は是非参考にして頂ければ幸いです!以下、簡単な目次となります。

では、いってみましょう!

なぜ人は劣等感を感じてしまうのか

他人と比較してしまうため

人間は成長の過程で自我を発達させるが、この段階で他人との競争意識が生まれ、その競争面での挫折の結果が劣後感とみなされる。劣後感はこれを抱く人を憂鬱にさせるが、同時に克服することで更なる展望を生む。多くの場合、児童や青少年は様々な劣後感を抱いている。しかしそれらは成長途上における苦しみであるといえる。

(引用:劣等感|wikipedia

劣等感は上述した引用の様に劣後感とも呼ばれ、自分の能力や容姿などが、他者よりも劣っていると感じる気持ちを指します。自分ひとりで感じる感情ではなく、必ず比較対象がおり、その対象と比べて自身の劣っている部分が気になる時に湧き出てくる感情です。

人は常に他者を見ており、その良い点、悪い点には目が行きやすいものです。人によっては、劣等感は長くその人を苦しめます。しかし、それを上手く克服できた場合、より人は強くなる可能性を秘めています。

自分に自信が無い人ほど劣等感を感じやすい

劣等感や劣後感は特に自分に自信が持てない人ほど、強く感じやすい傾向があります。また物事について深く考えてしまう方、他者を分析する癖がある方も、劣等感を感じる事が多いです。

そもそも自信を持てないという傾向は、自分自身の核を持っていない事に等しく、その為、他人の事が余計に目についてしまい、悩みを抱え込んでしまいます。

劣等感を克服するための5つの行動!

好きなことに没頭する

劣等感を克服するためには、とにかく好きなことに没頭してみましょう。仕事でも、趣味でも、対象は何でもよい為、自分が好きで、時間を忘れて没頭できるという点のみに注視して、作業してみて下さい!

ひたすら一つの物事に取り組んでいると、不思議と気分が落ち着き、悩んでも仕方ないという気持ちになります。また、好きこそものの上手なれという言葉があるように、日々作業をしていると、だんだんと上達してきます。最初は全然得意ではなく、ただ好きなだけでやっていたものが、日を重ねるうちに得意に変わっていくと、それが自信に繋がり、劣等感を打ち消すことにもリンクします。

全てがこのように繋がるわけではありませんが、少なくとも自身が好きな事を継続して行うことは、心の負荷を少なくし、劣等感で苛まれた心に癒しを与えます!

勉強を頑張ってみる

自分に自信をつけることは、劣等感を克服するために必須です。その為、特に学生の方であれば、まず勉強を続けて学力を向上させることを目指してみましょう。社会人の方であれば、英語の検定も受けてみても良いですし、資格試験に励んでみても良いかもしれません。

勉強は試験の合否や、テストの点数などで、自身の頑張りがそのまま数値として表れる為、自信をつけるには最適です。あまり勉強が得意で無い方ほど、頑張って良い点数を獲得する事が出来れば、それは大きな自信に繋がります。

努力する事を怠らず、他者よりちゃんと結果を残しておけば、次第と劣等感は薄まり、自分で自分を褒めてあげられるようになります。大変ですが、是非頑張ってみて下さい!

身体を清潔にし見た目を改善する

外見から劣等感を克服する方法です。体を清潔に保ち、マニキュアや化粧、おしゃれをして、きれいな洋服を着て、自身の見た目を改善してみましょう。自分の外見に自信を持つことが出来れば、劣等感は次第になくなります。

特に自身の外見にコンプレックスがある方ほど、清潔には気を使い、他者に対して不潔な印象を与えない事は重要です。例え容姿に自信が無くても、スキンケアなどをきちんと行い、綺麗に洗濯した服を着るだけで、印象は随分変わります。また、にっこりと笑う練習をしてみることも重要となります。

相手の外見が、自分より勝っていると思える時や、自分よりスタイルがいい、笑顔が素敵に見える時などは、やはり容姿に関して劣等感を感じがちですが、そんな時こそ胸を張って歩いてみましょう!

ありのままの自分を受け入れて、その『劣っている』と感じる点を自分の個性・チャームポイントに考える事が出来ればバッチリです!劣等感で悩まされていつも暗い顔をしているのではなく、自分自身を受け入れ、愛してみて下さい。

身体を動かすことに没頭する

王道の方法になりますが、劣等感に苛まれる時にはとにかく身体を動かしてみることも方法の内の一つです。ウォーキングやジョギングなどで汗を流す事で、人は自身の中にある、嫌なマインドを払拭することが出来ます。

特にデスクワークが多く、日頃身体を動かす機会が無い方ほど、意識的に運動するように心掛けてみて下さい。これは劣等感を感じた時だけではなく、他の嫌な感情を持った時にも共通しますが、何も考えずとにかく身体を動かすことで、脳をストレスから逃がすことが出来ます。

外に出る時間が無い方は、家の中で出来る簡単な筋トレやヨガなどでも問題ない為、是非頭を空にして体を動かしてみて下さい!

身近な家族や友人に悩み事を聞いてもらう

こちらも王道の方法になりますが、自身の不満を誰かに聞いてもらう事は、気持ちを整理するうえで大切な手段の一つです。

あなた自身が何に対して大きな劣等感を感じているのか、何に対して強いコンプレックスを持っているのか、親しい友人や家族に、ありのままを聞いてもらいましょう。この時の注意点として、無理にアドバイスを求めないことです。ただ単純に話を聞いてもらい、愚痴をこぼすだけでも、自身の中にため込んだ負の感情を吐き出す事が出来、気持ちが楽になります。

劣等感を克服するための6つのマインド!

自分を受け入れて出来ることを常に意識する

劣等感を克服するためには、2つの意識改革があります。1つ目が今の自分を受け入れることです。劣等感にも色々ありますが、努力してもどうにもならない事もあります。そういう劣等感はずっと残り続けます。しかし、その場合、後に続く人生が非常に苦しいものとなってしまいます。

その為、劣等感をまずは受け入れることから始めてみましょう。こんな自分では嫌だという気持ちを消し去ろうとすればするほど、劣等感は膨らみます。優越感を長所とすれば、劣等感は短所です。人が劣等感を克服し変わるには、まずは現状の自分自身を受け入れてからです。

そうは言っても簡単に劣等感を受け入れられないのが普通です。そこで、2つ目の方法です。自分が出来ることを常に意識することを初めてみて下さい。

劣等感を克服したいがために、自分の出来ないことばかりに意識が行くと、自分が出来ることに意識が遠のいてしまいます。自分が出来ることに意識を置いて、小さな成功体験を積み重ねることを重要視すれば、出来ることが、少しづつですが増えてきます。

そして、ある時、自分の視野が変わります。これまで劣等感を感じていたことに、それほど注目しなくなります。こうなれると、自分の劣等感が経験として、仕事やプライベートでも生かせるようになります。世の中には自分と同じような劣等感を持った人間がたくさんいますから、そういう人達の為に動き出すと、とても感謝されます。これこそ劣等感の克服です。

自意識過剰な考え方を改める

自意識過剰な考え方を止めることも、コンプレックスを解消する方法の一つとなります。劣等感が強い方は、自分自身を意識し過ぎている場合が多いです。その為、まずは自分の存在を特別だと思わずに、どこにでもいる一人の人間だと、考えてみて下さい。

自分自身に向けている、多大な意識や期待を減らすことで、自意識過剰な思考を止めることが出来ます。また更に、人とは違っていて当たり前だという考え方も取り入れてみて下さい。世の中は広く、多種多様な人間がいます。上には上がいますし、また下の人もいます。他者と違う事は当たり前ですし、それに囚われている状態では、劣等感を克服する事は出来ません。

「自分は特別な人間ではない。しかし、それは恥じるべきことではない。」と呟いてみましょう。きっと重荷になっていた自意識から解放され、気持ちが楽になるはずです。

自分を客観視する

自分を客観視することも、コンプレックスを克服するための方法の一つです。劣等感の渦中で苦しんでいる方は、一歩離れて、自分の置かれている状況を客観視するように努めてみましょう。この思考は最初難しいかもしれませんが、ある程度練習すれば出来るようになります。

劣等感が強い方は、自身に対しての評価が厳しい方が多い為、このように俯瞰してみる癖をつけると、そこまで自分が劣っていないことに気づき、きっと心も落ち着くはずです。

自分の限界を自分で決めない

自分の限界を自分で決めない事は、劣等感を打破するため効果的なマインドの一つです。

全てにおいて、自分自身で「ここまでだ。」「だめだ。」と考えてしまっていては、それ以上の進歩はありません。「自分はあれが出来たのだから、今日は大丈夫!」、「明日はもっとやってみよう!」と、無理矢理にでも良いので、閉じていたマインドをオープンにし、少しずつ前に進んでみましょう。

ポジティブシンキングをする癖をつけていけば、次第に劣等感に取り憑かれていた自分が無くなっていきます。自身の限界を決めてしまい、諦める事は簡単です。しかし、そのままではずっと劣等感に苛まれる事になります。

「私は強い、大丈夫!」と常に自分に強い言葉を投げかけ続けることは、愚直な方法ではありますが、思考の変化をもたらします。気持ちが弱まった時には、是非試してみましょう!

他人と比較しない

自分に無いものを数えたり、他人と比べたりしないことも、コンプレックスを解消し、劣等感を克服するための方法の一つです!劣等感は人と比較することから感じるもので、人間の社会で生活している以上、これを完全になくすことは不可能ですが、物事と自分のことを分けて考えることで

しかし、他人と比較しない事を心に決めたとしても、中々その通りにはならず、どうしても他人と比べて落ち込んだしまいがちです。その為、自分には、こんなに良いところがある。自分はこんな人間だ。こんな事が出来る。こんな事をした。といった事を一度ノートに書きだしてみましょう。すると、何となく自分がイイ奴に思えてきます!

それでも、やっぱり人と比べて自分は劣っていると感じた時は、「人と比べても意味はない。」「私は私で結構良いヤツだ。」と心の中で唱える癖をつけてみましょう。単純な言葉ですが、きっと劣等感は薄れるはずです!

自分のポジティブな面に目を向ける

劣等感を抱く人の大半は、上述した様に、他人の視線や評価を気にする人たちが多いです。しかし、他人の評価を、気にするなと言われても、人は中々それが出来ません。その為、なるべく他者と比較しない様に、自身のポジティブな面に目を向ける努力をしてみて下さい。

例えば、「私はあの人のようにハキハキ意見を言えないけれど、その分人の痛みがわかる人間だ!」など、落ち込む気持ちを、最終的にポジティブに持っていく形で終われば、気持ちは沈みは少なくて済みます。比較してしまう事はある程度は仕方がありませんが、大切なのはその後の気持ちです。自分を褒めて締めくくることが出来れば、劣等感の克服に繋がります。

より、詳細なポジティブになる方法については、以下のエントリーに記載している為、是非参考にして頂ければ幸いです!

ポジティブになる方法15選!前向きになるために必要なことを厳選!

外見の劣等感を克服する方法!

美しさを手に入れる努力をする

外見の劣等感を克服するためには、美しさを手に入れる為に努力する事が必要不可欠です。「外見を美しさ」というと、生まれつきの美人以外はダメではないか、と指摘されそうですが、ここで言う美しさとは、外見の特徴ではなく、美しくなろうとする努力そのものを指します。

たとえば、他人に不快感を与えない格好をしていることや、流行に敏感であること、笑顔で他人と接することや、人に見られていない時でも道徳的な行いを心掛けることなどが挙げられます。外面と内面、そのどちらも磨く努力から生まれる自信こそが、あなたの劣等感を克服してくれる処方箋となります。

美しくあろうと努力を欠かさない人を、他者は尊敬するものです。その前提を忘れず、様々な面から自分磨きを頑張ってみて下さい!

劣等感を克服したい方に贈る曲!

世界に一つだけの花の歌詞を思い出す

こちらは体験談になりますが、彼女は自身が劣等感を感じた時に、必ずある歌の歌詞を思い出すようにしています。


私は劣等感が高まった時は、世界に一つだけの花の「ナンバーワンにならなくてもよい、元々特別なオンリーワン」という歌詞を思い出しすように心掛けています。

どうしても他者と比べてしまいがちなマインドの時は、上記の歌詞を思い出し、「ナンバーワン」は目指さなくて良い、「オンリーワン」であれば良いんだと自分に言い聞かせています。このように自分に言い聞かせると、不思議と劣等感が薄れ、他人と自分を比較しなくても良いんだという気持ちになります。

些細なことで、人と同じようにできなくても、それは恥ずべき事ではないです。頑張っている自分のその努力を素直に褒めることが気持ちを忘れ無ければ、次第に気分は前向きになっていきます。


私も大好きな歌です。劣等感が強く辛い方は、是非聴いてみて下さい!

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

劣等感やコンプレックスを克服するための、様々な方法について記載しました。物事は捉え方一つで大きく状況が変わっていきます。その事を念頭に、少しずつ自分のマインドを切り替え、劣等感から脱していきましょう!

今回の記事の中に、そんな前向きなあなたを助ける方法が、一つでもあれば幸いです。本記事については、他の方法が分かり次第、別途追記していく予定です。

劣等感やコンプレックスから解消された、あなたの明るい未来を祈って。

他、メンタル系関連記事は以下となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です