自意識過剰な人の特徴9個と12個の改善方法を説明!

今回は、自意識過剰な人の特徴と、その改善方法について説明していきます。人間関係を円滑にするうえで、過剰な自意識過剰は、それ自体がハードルとなってしまうことが多いです。

自分の過剰な自意識のために、人目を気にしすぎて、中々他者と馴染めず、苦労をしている方も多いのではないでしょうか。そのような方が、本エントリーを読んで、何かヒントを得られれば、非常に嬉しいです!

以下、簡単な目次となります。

では、いってみましょう。

自意識過剰とは何か

自意識過剰とは何か

まず、自意識とは何でしょうか。本項では、自意識や、自意識過剰のそもそもの意味を解説していきます。私たちの日常生活でもよく使われている言葉ですが、その意味について、きちんと考えた事がある方は少ないのではないでしょうか。

そもそも自意識とは

外的存在に関する意識と対立し,自我がおのれを感じ,考え,意志し,行為する多様な働きを統一する自己同一的な主体としての意識。本質的な反省的意識であり,幼年期には存在しない。普通には自己の活動や体験,あるいはそれらの自我との関係の意識として現象し,さらに進んでは自己を独自の同一的存在としてとらえるが,それはむしろ自己認識の性格がつよい。

(引用:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

上述に引用の通り、自分自身に対して持っている意識の事を「自意識」と呼びます。同義語として、「自我意識」や、「自己意識」とも呼ばれています。

自意識過剰とはどんな状態?

自意識過剰とは、自分自身の事柄に関して過剰に意識している人。 自意識過剰とされている者には自分の外見や行動などが他人からどう思われているかなどに、必要以上に注意を払っている傾向がある。

(引用:自意識過剰|Wikipedia

上記の通り、他者の視線に非常に敏感で、それを気にし過ぎて、自分の行動に自信が持てなくなってしまう状態を指します。似たような言葉に「自信過剰」という言葉がありますが、こちらは自分に過剰に自信がある状態を指すため、自意識過剰とは意味は全く異なります。

例えば、容姿などで、ちょっとでも自分に乱れた部分があると、どうしても気になってたまらず、無意識のうちに鏡をチェックしてしまう方などは、自意識過剰と言えます。

育ってきた環境なども自意識過剰な性格に起因しますが、人が自分の事をどう見ているのかばかり考え、他人の目を常に気にする事は、自意識過剰の大きな特徴の一つと言えます。

自意識過剰な人の9個の特徴について!

あなたは、自分が周りからどう見られているのか、常に気になったりはしていませんか?

本項では、自意識過剰な人の特徴について説明していきます。セルフチェックも兼ねている為、自意識が過剰だと感じている方は、以下の項目に当てはまるかどうか、参考にしてみて下さい。

人の目を異常に気にする

自意識過剰な人の代表的な特徴となります。誰しも、多少は人の目を気にして生きているとは思いますが、自意識過剰な人は異常に人の目を気にしています。

「これをやったらどう思われるだろうか」、「こんな派手な格好をしていては何を言われるか分からない」など、あらゆる事に関して人の目を気にして生きています。

また、あまりにも細かいところまで気にするあまり、自分で行動を制限してしまっている点も挙げられます。人から良く思われたいと常に思っていますが、その裏付けとなる「自信」が自分の中にありません。そのために、大声で話をする友人や、派手なファッションで自分のスタイルを貫き通している友人などをうらやましいと感じる傾向が強いです。

失敗に対して過敏

自意識過剰な人は、上に記載した通り人目を気にしてしまうため、いつも誰かに見られていると思ってしまい、失敗をするのを異常に怖がってしまいます。

例えば、友人や恋人と初めて行く場所は、事前に徹底的にリサーチをして、何度も行った事があるようなふりをします。初めての場所で何もわからなくてうろたえている自分、間違ったことをしてしまい、失敗したかっこ悪い自分を人に見られるのは耐えられない、という気持ちがはたらくからです。

また、基本的に自分から主張する事が少なく、他人の顔を伺って生きている人達に多いです。これは、恥ずかしがり屋で本当の自分を見せたくなかったり、他人に良く見られたいといった考え方をしている人達にも、似たような傾向が見られます。

鏡をよく見る

上述した様に、自意識過剰な人は人目を気にする傾向がある為、常に鏡を気にしている人が多いです。たとえば、町を歩くときに映るショーウィンドウの自分の姿を必ずチェックしたり、鏡があると必ず覗き込みます。

鏡などに映った自分を見ることで、周囲の人から見た自分がどのように見えているかをチェックしています。その時の自分の様子がどのように周りから見えているか、自分の中の「こうでありたい」、「こうであってほしい」と願う自分になっているか確認をするためです。

良くも悪くも自分への関心が強く、一時たりとも、カッコ良くない、可愛くない自分が存在をするのが許せません。

また、女性であれば頻繁に化粧直しに行く人も、これにあてはまります。昼食後に化粧を直すのはわかりますが、トイレに行くたびに化粧を直している姿をみると、誰もそんなに細かく見てないんだけどなと思った事は、誰しも一度はあるのではないでしょうか。

写真についても過剰に気にする

また、上述した様に鏡はもちろんですが、写真についても過剰に気にする傾向があります。写真は長年残り、且つ現代社会ではインターネット上で皆に公表したりするからです。

思うような写真でなかった場合は、他人の撮った写真ですら削除をしたいと考えることもあります。他の人との集合写真でも、まず自分の写真うつりが気になってしまい、最初に目が行ってしまう事が多いです。

他人からの評価は常に高くありたいと望んでおり、それは写真についても同様となります。

前髪を気にしすぎる

前髪を非常に気にすることは、自意識過剰な方によく見られる癖です。

例えば異性と話す時に、前髪を触ってセットし直します。触ってもビフォー、アフターの違いは他人から見るとよく分かりません。話している最中も、相手の話を聞くことよりも、自分の前髪が崩れていないか?ベストな状態(男性の場合は、カッコいいかどうか?女性の場合はキレイな私かどうか?)かを考えることに専念します。

またそのように自意識過剰な人は、街中を1人で歩いていて、目の前を異性が通りすぎる際にも、同じような行動を起こします。しかし、その異性はその人のことを、全く気にも止めていないことが殆どです。

過度な美意識を持っており、それが前髪という些細なことまで気にしてしまう要因になっています。

挙動不審になる

周りが自分のことをどう考えているのかが常に気になり、「〇〇さんは、どう思っているのだろう」「私の上司はどんな評価をしているんだろう」と、自分への評価ばかりに思考が傾き、時折挙動不審になってしまいます。

また、言動が定まらない事もあり、そのせいでコミュニケーションに不備が出たりもします。そうすると、更に人間関係が上手くいかなくなり、負の連鎖に陥りがちです。また人目があると、物事に集中出来なくなってしまう点も特徴の一つと言えるでしょう。

自分に自信がない

人の視線を気にするという事は、自分に自信がないということです。自意識過剰な方は総じて自分に自信がありません。しかし、中には自信が無いにも関わらずプライドだけは高い為、その相反する要素に苦しんでしまう方も居ます。

また、自信の無さから、常に自分の行動に対して気を使っており、周囲に迷惑をかけないように、細心の注意を払って行動する特徴を持っています。もし、本エントリーを読んでいる方の中で、自分に自信が無く、常に周りに対して気を張り、疲労している方は、おそらくは自意識が過剰過ぎると言えるでしょう。

人がいると落ち着かない

上記した、人の目を異常に気にすると似ていますが、自意識が過剰な方は、人がいたら、とにかく落ち着けません。ただでさえ、人の視線を気にしがちな性格であるのに、それが複数人になってしまうと、極度の緊張感から、ストレスを抱えてしまう事もあります。

例えば、仕事でプレゼンの発表などがある場合、多すぎる観衆の前で、緊張してしまい、「私の声はおかしくないかな」「ちゃんと説明できてるかな」など多くの事を考えてしまい、赤面してしまうことも間々あります。

人が居るところが苦手という意識が根底にある為、大勢の人が居る場所ではどうしても集中して物事に取り組むことが出来ない点が特徴として挙げられます。あなたは当てはまるでしょうか。

メンタルが弱い場合が多い

自意識が過剰な方は、あまりに視線を意識するため、メンタルが弱い場合が非常に多いです。小さな出来事で心が大きく揺れ動き、揺れ動いた心は中々落ち着きを取り戻しません。

「あの人に変な風に思われたらどうしよう」と常にビクビクと怯えており、自意識が過剰で無い方と比較して、不安な感情を抑える事が苦手です。もし本エントリーを読んでいる方で、自意識過剰でメンタルが弱いという自覚がある方は、以下の記事にメンタルが弱い方向け精神を鍛える方法について記載している為、是非参考にして頂ければ幸いです。

メンタルが弱い方が精神を鍛える11個の方法

あまりに自意識過剰な状態が続いてしまった場合

あまりに自意識過剰な状態が続いた場合、思いもよらない症状を引き起こします。多少人目が気になる程度だった場合は気にする必要はありませんが、日常生活に支障が出てしまうほど、大きな自意識に苛まれている方は、以下が当てはまるかどうか是非確認してもらえたら幸いです。

ひきこもりがちになってしまう

あまりに過剰な自意識がある場合、他者の視線が気になり過ぎて、そもそも外に出る事すら困難になってしまいます。また、ストレスも溜まりやすい状態が続き、些細な出来事に対して感情が揺れがちにもなります。

外に出れない事が、更に自身のコンプレックスの増長を図り、ひどい場合はうつに陥ってしまうこともあり、心の病に発展する危険性を孕んでいます。

自分の意見を言えなくなり消極的になる

人目をあまりに気にするため、他者とのコミュニケーションを取ることが困難になり、また会話する時もほとんど自分の意見を言えなくなります。そのため、他人から見た場合は、何を考えているのかよく分からない人に映ってしまい、余計に孤立しがちになります。

この症状がさらに発展してしまうと、上記のような引きこもりになってしまいます。また、自分の意見を言わなくなるという事は、自分自身の判断基準が無くなってしまう事にも繋がり、常に他者に流され続けてしまう可能性もあります。

自分の事が嫌いになってしまう

常に他者と自分を比較し続けるため、そのうちに、自分の欠点ばかりに目が行き、自分が嫌いな状態に陥ってしまいます。その感情の根は深く、自分自身にどうしてもポジティブな感情を抱けなくなり、常に後ろ向きで生活を続けることになります。

「あの人より私は劣っている」「こんな私なんて、もうダメだ」と自分を常に責めてしまい、ネガティブな感情が頭の中でぐるぐると回り続けています。このような状態が長く続くと、精神に様々な異常をきたす恐れがあるので、特に注意してください。

自意識過剰な方の12個の改善方法

本項では、自意識過剰な方の具体的な改善方法について説明します。上記の特徴が多く当てはまり、自意識過剰だと認識している方は、是非試してみて下さい。きっとどれかの方法があなたにフィットして、その高すぎる自意識を緩和してくれるはずです!

そうすれば、今よりもっと人間関係が円滑になり、生きやすくなりますよ!

人は他人にそこまで興味はない

自意識過剰な人は、自分が見られているとか、相手に嫌われているとか、他者の視線に対して過敏に反応してしまいます。それを改善するために、まずは人は他人の事などほとんど興味がない事を知りましょう。

あなたが思う以上に、人は他者に対してそこまで大きな関心を抱いていません。自意識過剰な方は、自分だけでなく他者もよく観察している方がいるため、他の人も同じように考えているのではないかと考えがちですが、

見られているわけでもないのに、良く言えば周りに気を使える人と捉えますが、悪く言えば八方美人で自分軸がないとも捉えられます。

自意識過剰な人の特徴は周りに注意がいきがちであると考えます。

自分よりすごい人がいることを素直に認める

あなたよりすごい人はたくさんいます。自意識過剰な人はその当たり前を一度認めてみて下さい。

ある程度能力がある方であれば、自意識過剰になっても仕方がないかも知れませんが、そんな方は稀です。一般的な能力しか持っていない人が無駄に高い自意識を持っていてたところで、それは日常生活に支障をきたすだけです。

自己啓発書などを読み、あなたより優れた人がいる事を認識したり、あなたが優れた人間だと思っている方と接する事で、自分以上にすごい方はは本当にたくさんと存在していると納得する事が出来、自然と高かった自意識が小さくなっていきます。

趣味を見つける

自意識が過剰だと感じている方は、没頭できる趣味を見つけることも、大きすぎる自意識を小さくするのに有効です。自分の事を考える暇がないくらい、思い切り趣味に没頭してみましょう!

もし、無趣味な方であれば、まずは趣味を探す努力をしてみて下さい。また、どうしても趣味が見つからない場合は、仕事や学業に没頭してみても良いでしょう。何かに熱中し、ただひたすらそれを考え続けることで、自然と過剰だった自意識が薄れていくはずです。

鏡を前に自分に語りかけ客観視する

自分を客観視するために、自意識過剰の方は、一度静かな部屋で鏡を前に自分に語りかけてみて下さい。

例えば容姿が気になっている方は、自分の顔や体系のどの点が気になっているのか、また、性格が気になっている方であれば、自身のどの特徴が気になるのか、鏡の中の自分を客観的に見てみましょう。

冷静に自分の言動を見返し、第三者の視点を心がけてみて下さい。腹落ちするまでじっくりと語りかけることが出来れば、不思議と自分が気になっていた箇所が、客観的に見るとそこまで欠点で無かった事に気づけるはずです。

この方法の注意点としては、中途半端に鏡の中の自分に語りかけてしまうと、逆に自意識過剰になってしまう点です。やるのであれば、自分で納得できるまで、真剣に取り組んでみて下さい!

深く考えないように心がける

自意識過剰な方は、上述した通り、どうしても人目を気にしてしまい、様々な事を考え、激しい思い込みをしてしまいます。そのため、「深く考えない」ことを強く意識するように心がけてみて下さい。

他人の思考は誰にも分りません。あなたが相手に対してどんなに色々な事を考えようが、それは的外れな事でしかなく、結局、どんなに考えても、他者の真意は分かりません。

その前提を心に留め、相手の視線が気になった時や、考えすぎてしまったと感じた時は、すぐに「いや、もうこれ以上は考えない」と自分に語り掛ける癖をつけて下さい。初めは上手くいかないかも知れませんが、継続していく内に、自然と深く考えすぎた自分を諫める事が出来る様になるはずです。

軽く聞き流す癖をつける

上述した、「深く考えないようにする」ことと似た方法ですが、自意識過剰な人は、人の話を軽く聞き流す癖をつけてみましょう。何か他人に言われた時も、「ふーん」と頭の中で聞き流せるように気をつけてみて下さい!

他人の評価をそこまで気にする必要はありません。あなたの良さは幾つもあり、他人からは、それがほんの少ししか見えていません。その為、何か悪口を言われたからと、気にしすぎる事はなく、「私の良さは、他にもたくさんある」と自身に言い聞かせてみて下さい。

他人の言葉を軽く流せるようになれば、自意識が過剰に高まる事が少なくなり、きっとより生きやすくなるはずです!

自己肯定感を高める

自意識過剰な人は、自分に自信がありません。そのため、自己肯定感が低く、いつも挙動不審になっており、ソワソワとしてしまいます。そのため、改善策の第一歩としては、自己肯定感を高める必要があります。

自分を肯定する力を高め、堂々とした振る舞いが出来る様になれば、周囲から冷たい目で見られる事も減り、頼れる人として認識されるようになります。具体的な自己肯定感を上げる方法については、以下のエントリーに詳細に記載している為、是非参考にして頂ければ幸いです。

自己肯定感を上げるための15の方法を紹介!

自分の事を好きになってみる

自意識が強く、過剰な方は、総じて自分の事を心の中では卑下している事が多いです。それが自信喪失に繋がり、自分の事が嫌いという感情が心中にあります。そのため、自意識過剰の改善策としては、まず自分の事を好きになってみる努力をしてみるのはいかがでしょうか。

自分と面と向き合い、ダメな部分も良い部分も受け入れ、それでもなお、胸をはって自分の事が好きだと言えるようになれば、それは大きな自信へと繋がり、過剰だった自意識を緩和することにも繋がります。自分が嫌いな方が自分を好きになる為の具体的な方法については、以下の記事に詳しく書いているため、当てはまる方は是非参考にしてみて下さい。

「自分が嫌い」な人が自分を好きになる為の14個の改善方法!

洞察力や観察眼を鍛える

洞察力や観察眼を鍛えることは、自分の中に向きすぎた意識を外に向ける事に繋がり、過剰な自意識を薄める効果があります。洞察力を鍛える事で、多種多様の情報からその本質を抽出しやすくなり、また、他者とのコミュニケーションも円滑になります。

また、観察眼を養う事で、周囲の方の振る舞いから多くの事を学ぶことができ、それを自分に生かすことで、次第に自意識過剰で挙動不審だった状態が解消されます。

人をよく見て、その言動をよく観察する癖をつけてみましょう。それを自身の振る舞いに上手く応用出来れば、少なくとも他者から見たあなたは自意識過剰には見えなくなっているはずです。慣れない内は、中々人を観察する事は難しいですが、是非継続して意識的に見る訓練を積んでいきましょう!

普通な人などいない

自意識過剰な人は、自分が他の人と違い変わっていると怯えていないでしょうか。「普通」という普遍的な意識を持っており、そこから外れている事に対して、言いようのない恐怖を感じているのではないでしょうか。

しかし、この世の中に「普通」な人などいません。人は多種多様な特性を持っており、例えあなたが普通と考えている人でも、多くの個性を持っています。そのため、幾ら他人と比較して、自分が普通でないと嘆いても、そもそも「普通」な人などいないため、それは無駄な悩みです。

自意識が過剰で、普通という虚像に対して怯えている方は、一度その考えを改め、普通とは何か真剣に考えてみて下さい。きっと暫く考えればそんな思想は幻想である事が分かるはずです。

それが腹落ちすれば、自然と普通でない自分に対しても自信を持つことが出来、過剰な自意識を薄める事に繋がるはずです!

リラックスした気持ちを心がける

自意識が過剰な方は、上記の様に、周りに気を使い、常に気を張っている特徴があります。その為、まずはリラックスした気持ちを心がけてみましょう。気を張り疲弊した心では、とても過剰な自意識を下げる事は出来ません。

他者と話す前に、大きく深呼吸して気持ちを落ち着かせて、出来るだけ平常時と同様リラックスした状態で臨んでみましょう。また自意識が過剰な人は日頃から意識を張りがちなので、自宅ではアロマを焚いたり、お風呂にゆっくり浸かったりして、緊張の糸を解いてあげる事も重要です。

外見について気にしすぎない

鏡を何度も見て、外見をすごく気にしていませんか?

上記の様に、自意識過剰な方は、外見について非常に多くのを持っており、その為常に自身の外見を気にしています。しかし、他人はそこまであなたの事を見ていません。あなたの外見についても、そこまで気にも留めていません。あなたの外見を一番気にしているのは、あなた自身です。

もちろん、不潔な外見は問題ですが、基本的には清潔で相手に失礼のない程度の外見であれば、問題ありません。鏡を見過ぎる癖を止め、外見について傾き過ぎた意識を、今一度元に戻してみましょう。きっと、それはあなたの劣等感の克服にも繋がり、過剰な自意識を緩和します。

自意識過剰ぎみな自分が気になる時におすすめしたい本

自分を変えたい時や悩んでいる時は、指針となる書籍を手元に置く方法も効果的です。今回は自意識過剰な自分が気になる時に、参考にして欲しい本を紹介します。

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント

自意識過剰になる原因は「他人が自分を評価し傷つける存在である」感じるている、という一文にうなずきたくなります。

自意識過剰を治すというより、人目を気にする自分を矯正するという内容ですが、今の自分に生きづらさを感じるている人なら、必ず得るものがある良著です。

私、つい「他人の目」を気にしてしまいます。 “自意識過剰”から抜け出す8つのヒント

自意識過剰を悩んでいる全ての人に、知ってほしい秀作です。

誰かが自分を笑っているような気がする、自分はこんなところでこんなことをしていていい人間じゃない。正反対に思える感情はどちらも「自意識過剰」からくるものだと述べ、それを改善するシンプルな8つの生き方のヒントが記されています。

サラッと読めてしまう本なので、書店などで見かけたらぜひ手に取ってみてください。

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

自意識過剰なことについて、非常に様々な面から詳細にまとめみました。この中に少しでもあなたに合った改善方法が見つかれば幸いです。また、自意識過剰の特徴に当てはまった人は、是非早めに行動し、考え方を変える様に心がけてみましょう!

また、もしあなたの友人で自意識過剰な方が居たら、少々の自意識の過剰は暖かく見守ってあげて下さい。その方に悪気があるわけではないので、そっと寄り添い、少しずつアドバイスをする様にしてみましょう。

きっと、時間の経過と共にその方も落ち着きを取り戻すはずです。

他、メンタル関連エントリーはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です