気持ちを切り替える具体的な8個の方法を紹介!

今回は自分の気持ちを切り替えるための具体的な対処法について説明します。一つの物事に執着してしまい、中々自分の気持ちを切り替えられない方は、是非参考にして頂ければ幸いです。

以下、簡単な目次となります。

では、いってみましょう!

なぜ気持ちを切り替えることが出来ないのか

まず、なぜ気持ちを切り替えることが出来ないのか考えてみましょう。人により様々な理由が挙げられますが、その中でも代表的なものを以下に挙げていきます。自身がどのタイプに当てはまるのか参考にして頂ければ幸いです。

過去に縛られているから

過去の出来事に対して、心理的に縛られてしまっていると、気持ちを切り替える事が難しくなります。例えば、仕事で何か大きな失敗をしてしまった場合、そのことがいつまでも頭から離れなくなり、気持ちを切り替えて、別の仕事に取り組む事が困難になる方がいます。

失敗経験が自身の心に根強く残り、そのことばかりに目が向かってしまい、頭の中でその考えが後悔と共に延々と繰り返される状態が続きます。あまりに酷い場合、その状態はトラウマと呼ばれ、長くその人を苦しめることになります。

切り替える気力がないから

気持ちを切り替えるという事は、何かいつもとは異なる、新しい何かを始める事を指します。しかし、人は何か新しいことを始めるためには、気力が必要です。気力がないほど疲弊してしまっている時は、気持ちを切り替えるため、新しい事を始めようとしても、それが続かず、結局は気持ちを切り替えられないまま、過ごす事になります。

そのように、気力がなく、気持ちを切り替える事が困難な方は、以下のエントリーに気力がない時の改善方法を記載しているので、是非参考にしてみて下さい。

気力がない時の14個の改善方法!

焦っているから

あまりに焦っており、強い焦燥感を感じている場合は、上手く気持ちを切り替える事が難しく、思考が堂々巡りしがちです。

例えば、ミスを犯し、その気持ちを切り替えたい場合を想像してみて下さい。本来であれば、素早く思考を切り替え、新しい道を進んだ方が良い結果が待っているのですが、ミスを犯した焦りから、どうしても思考を切り替えられない事は、間々あります。

焦りの感情が頭の中を占拠している状態では、とても他の事を考える余裕などなく、気持ちが切り替えられません。もし、今このエントリーを読んでいる方で、非常に強い焦燥感を感じ、早急に気持ちを切り替える必要がある場合は、まずは焦燥感を解消する事を先決して下さい。以下の記事に具体的な焦燥感に駆られた時の対処法を記載しているので、参考にして頂ければ幸いです!

焦燥感にかられた時の解消法12選の紹介!

気持ちを切り替える為の具体的な8個の方法

違う行動を取りリセットする

気持ちを切り替えるためには、まず、現在行っていることから一旦距離を置いて、頭で考えていることもリセットしてみましょう。ずっとその状況まま考え込んでいると、思考が悪循環に陥り、マイナス方向に向かってしまいます。

時間が無い方は、単純に数分その場を離れて、歩くなり何か飲むだけでも良いです。このように流れを変えるために違う行動を取る事は、実際野球などでも行われています。例えば試合中に、敵に攻められているチームがマウンドに集まって、みんなでジャンプをする時がありますが、これは切り替えルーチンと呼ばれており、思考を断ち切り、気持ちを短時間で切り替えるために有効と言われています。

余計なことを考えず、頭の中が空っぽの状態を維持して、簡単な行動を挟むことで、少し気持ちが落ち着き、プラスの考え方ができるようになります。

考えないように他の何かに没頭する

当たり前の事ですが、気持ちを切り替えるために、悩み事についてなるべく考えないようにして下さい。どうしても思考が切り替わらない方は、
何か没頭できることを探してみましょう!

クリアするまでに時間のかかるゲームに挑んでみても良いですし、好きな漫画を我を忘れて読んでみても良いでしょう。アクティブな方であれば、旅行や登山に出かけてみても良いかもしれません。また、仕事で忙しい方は、疲れすぎない程度に今まで以上に仕事に没頭してみて下さい。

とにかく悩み事を忘れてしまえるような、夢中になるようなことをしていれば、いつのまにか気持ちも落ち着き、切り替えていけるはずです。

気持ちを切り替えるために本を読む

落ち込んだ気持ちを切り替えたい方は、頭の整理をするために、読書する事も効果的です。

なぜ読書が気持ちを切り替えるのに効果的かというと、本の中にはその著者によって作られた別の世界があり、自分が直面している現実とは違う世界が広がっているからです。悩み事や気持ちが乗らないなど、気持ちを切り替える必要がある時に、自分とは違う世界に一瞬でも浸ると、自分の世界が客観的に見えてきます。

読む本はファンタジー小説や、伝記など、あなたが興味があるジャンルの作品で問題ありませんが、自己啓発本であれば、具体的なハウツーも書いてある為、更におすすめです。

ウォーキングをして気分を切り替える

気持ちを切り替えるため、ウォーキングなどの有酸素運動を行うことは、非常に効果的です。ウォーキングをすると脳が活性化し、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを分泌され、体の血流も良くなるため、ネガティブな気持ちから、ポジティブな気持ちへと切り替えやすくなります。

また、軽い運動は、軽度の鬱症状がある人へも推奨されており、最近では「ウォーキング・メディテーション」としてグーグルの研修にも取り入れられています。

ウォーキングであれば、特別な道具を揃える必要もなく、気軽に始められる点も魅力です。歩く際は、呼吸を深く意識して、頭の中を無の状態にしながら、少し早めのペースで歩いてみましょう。

緑の木々が生い茂る自然公園や、潮風がふく海辺をウォーキングすれば、リラックス効果も加わり、より良い気分になれることでしょう。あまりにも長時間のウォーキングは身体を疲れさせてしまう事になるので、30分から1時間を目安に行うことをおすすめします。

ウォーキング後は、凝り固まった身体がほぐれ、頭がクリアになったような感覚になり、その後の作業も快適にこなせるようになるはずです!

ゆっくりと睡眠をとる

ゆっくりと睡眠をとり、心と体をリセットする事は、気持ちを切り替える以外にも、ネガティブな気分を解消するために有効な方法です。

寝ている間に頭の中が自然と整理され、もやもやと切り替えられずにいた感情が少しずつ解消されます。どうしても寝付けない方は、寝る前に軽く運動をしたり、ほんの少しお酒を飲んだりしてみましょう。また、リラックスできる音楽を聞いたり、お風呂に浸かって身体を温めてから、ベッドに入ってみる事も効果的です。

何か嫌なことがあったときや、失敗などで落ち込んでしまったときは、例えベッドに入っても、様々な考えが頭を去来し、中々眠る事が出来ませんが、それでも頭を無にすることを心掛け、目を瞑ります。

ぐっすり寝た後、起きて朝日を全身に浴び、ぐいっと背伸びすれば、気持ちがクールダウンされ、良い方向へ切り替えるきっかけがつかめるはずです!

個人的には、朝起きた時に、ミルクたっぷりのカフェオレを飲むこともおすすめです!寒い日はホットミルク、暑い日には冷たい氷を入れてみましょう。ホッとした気持ちになれ、今日も一日頑張ろうと気持ちが切り替わりますよ。

のんびりとお風呂に入る

のんびりとお風呂に入ることは、特にお風呂好きの方にとって、気分を切り替える良い方法です。温かい湯船につかり、ぼんやりしていると、身体の血行もよくなり、ストレスも軽減されます。

また、もしお金に余裕があるなら、近くの銭湯に行ってみても良いでしょう!大きなお風呂に入ったり、サウナで汗を流すと体もしゃっきっとしてきます。スパ施設であれば、マッサージのサービスもあるため、そちらも良い気分転換となります。

いつもと違う行動を意識する

気持ちを切り替えたい時には、意識的にいつもと違う行動を行ってみましょう。なぜなら、平常時と同じ生活を繰り返していては、いつまで経っても同じ気分から抜け出せないためです。

いつもと違うと言っても、特別に大きな変化が必要なわけではありません。いつも降りる電車を、一駅前で降りて歩いてみたり、休日に、普段行かない街にお買い物に行くといった、些細なことから初めてみて下さい。

上述した変化ではあまり効果が無かった場合は、洋服のテイストを思い切って変えてみたり、髪を切ってイメチェンしたりと、外見を変えてみても良いかもしれません。

どこか昨日とは違う、新しい自分を感じることが出来れば、気分が晴れやかになります。小さな変化が、きっとあなたの気持ちを楽にしてくれますよ!

生活リズムが乱れている場合は整える

上述した様に、いつもと違う意識を持つことも重要ですが、そもそも生活リズムが崩れてしまっている方は、まずはそれを取り戻す練習をしてみましょう。

一つのことに囚われて、自分の気持ちを切り替えることが出来ない状態というのは、その原因として、自分自身のコントロールが上手くいっていないことが挙げられます。心身ともに健康的で生活全般に問題の無い状態であれば、それほど一つのことに病的に執着してしまうことなく、その時々に自分の気持ちを切り替えていけるようになるはずです。

生活リズムを整えること自体は、それほど難しいことではありません。朝起きて、しっかりと朝食を取り、夜は12時前には眠りにつくなど、ごく普通の生活を心掛けるだけです。しかし、現代のように忙しい毎日では、朝食を抜いて仕事に行ってしまったり、つい夜更かしてしまいがちです。

そうした少しずつの生活の乱れが、生活リズムを崩し、自分の気持ちを切り替える作業も難しくなっていくのです。意識を持って、生活リズムを整え、合わせて自分の気持ちをコントロールしていきましょう!

どうしても切り替えられない時は、気持ちが落ち着くまで待つ

上述した方法では、どうしても気持ちが切り替わらない場合は、無理に変化をつけようと躍起にならず、とにかく落ち着くまで待つことも、選択肢の一つです。

仕事で失敗したり、友達と口論になったりすると、「何であの時あんなことを・・・」と、くよくよ考え込んでしまうことが多いと思います。その時に、とことんまで落ち込むと、どこかで「もう、落ち込んで、くよくよするのには飽きたな。」と、思える時が来るはすです。

「今は落ち込みたい、泣いていたい」と思うのであれば、その気持ちを無理に修正しようとせずに、ただ時が解決するのを待ってみましょう。

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。気持ちが切り替えられない時の対処法について、具体的に様々な方法を紹介しました。

実際に管理人の私も、自分の気持ちが切り替えられず苦労した経験が過去にあります。特に執着心の強い方は、どうしても切り替えることが出来ず、私と同様に辛酸を舐めた事があるのではないでしょうか。そのような方に向けて、本エントリーが少しでも何かを変えるヒントになれば、非常に嬉しいです。

他、メンタル関連エントリーはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です