毎日をワクワク生きる!前向きになる方法15選の紹介!

今回は、毎日ワクワク生きたいと考えている方に向けて、前向きになる方法をたくさん紹介します!

仕事や人間関係で悩みを抱えていて、毎日起きることが億劫で、子どもの頃の様に毎日ワクワクと生きたいと願っても、中々難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし、いつまでも後ろ向きでは、人生は好転しません。是非以下に記載してある方法を生活に取り入れ、前向きでワクワクする、自然とポジティブになれる毎日を送ってみて下さい!

以下、簡単な目次となります。

では、いってみましょう!

前向きになる方法を実践する前に知るべきこと

まず、前向きになる具体的な方法の説明をする前に、もっと毎日をワクワク生きる為に知るべき事について説明します。

毎日が辛く、中々前向きになれない人は、実践的な方法を実行する前に、まずは以下の考え方を生活に取り入れてみて下さい。きっとその方がより前向きになりやすいはずです!

「面倒くさい」という気持ちは閉まっておく

毎日をワクワク、前向きに生きたい方は、一度、「面倒くさい」という気持ちを心の中にしまう必要があります。

なぜなら、ワクワクと刺激的な毎日を送る為には、チャレンジする事が欠かせません。しかし、人は、何か新しい事を始める時、それが例えどんなに小さなことでも、億劫にかんじてしまい「面倒くさい」と思ってしまうことが多いです。

しかし、そのような感情を抱えたままでは、チャレンジは長続きせず、結局毎日同じことの繰り返しになります。

もっと自分に「期待感」を持つ

あなたは、自分自身をどんな人間だと思っているでしょうか。私は平凡で、それほど取柄もなく、何も出来ないちっぽけな存在だと考えているでしょうか。

もし自分は何の才能もない、つまらない人間であると思い込んでいるとしたら、あなたは自分の可能性を、自分で捨ててしまっていることになります。「才能」は、英語で言うと「ギフト」となります。あなたは貰った大切な贈り物の中身を、よく見もせずに放り出してはいないでしょうか。

そのギフトボックスの中には、あふれるほど数々の素晴らしい、あなたの「長所」が詰め込まれているはずです。

そんな良いところを沢山持った自分に、もっと期待を持ちましょう。今より楽しい人生を送れる、私にはその力がある、そう信じるところから、あなたの前向きな人生が始まります。

肩の力を抜いて、「オリジナルのワクワク」を探す

「こんな毎日ではだめだ、もっと前向きにならなくてはいけない」と、必死になりすぎてはいませんか?他人の幸せそうな様子を見て、自分はどうして同じようにキラキラした生活を送れていないのかと、焦って前のめりになりすぎてはいないでしょうか。

あなたの感じる「ワクワク感」は、他のどのワクワクとも違います。ほかの人の真似をして、同じようなことをしてみても、それにあなたが心から楽しみを見出せるかどうかは別の問題です。

深呼吸して、肩の力を抜いてリラックスしてから、あなただけが本当に心から楽しいと思える、オリジナルのワクワクを探しましょう。力を入れて目を凝らしすぎていると、大切なものを見落としてしまいますので、広く周りを見渡してください。

その時はもう、あなたは「前」を向き始めているはずです。

「笑う」ことの力の大きさを知る

「笑う門には福来る」という諺をご存知でしょうか。とにかく笑っていれば、幸せは自ずと訪れるという意味の諺です。

毎日をワクワク、前向きに過ごしたい方は、「笑い」が持つパワーを知りましょう。例えば、あなたが毎日ワクワク生きている人を思い浮かべる時、その人は必ず笑顔で笑っているはずです。また、あなたが前向きで羨ましいと感じる方も、おそらくは笑顔の時間が多いでしょう。

笑顔は、ただの表情ですが、そのパワーは非常に大きいものです。疲れた時や、つまらない時でも笑顔を心がけていれば、自然とポジティブな気持ちになることが出来、気持ちも上向きます。

「たかが表情一つでそこまでの変化があるわけがない」と考えている方は、是非、その考えを改めてみて下さい。それがワクワク、前向きな人生を送る為の第一歩です。

前向きに毎日をワクワク生きる為の15個の方法!

本項では、実際に毎日ワクワクと前向きになるための具体的な方法について、詳しく解説していきます。簡単に実践できる方法も多く用意しているので、是非参考にして頂ければ幸いです!

方法1.生活リズムを整え朝日を浴びる

基本的な事ですが、前向きに、ワクワクとした人生を送りたい方は、まず生活リズムを整えることから始めてみて下さい。「健全な精神は、健全な肉体に宿る」と言われるように、きちんと生活リズムを整え、健康的に過ごす事は、精神の安定につながり、気持ちを前向きにしやすくなります。

特に、夜型生活を送っている方は、それを改め、起床後は朝日を浴びる習慣をつけてみましょう。朝日を浴びる事で、体内時計が調整され、より目覚めもすっきりとします。

方法2. 今、後ろ向きならそれを受け入れる

「前向きになりたい」と考えているということは、今何かがあってネガティブ思考に陥っているということでしょう。生活を楽しめていない、暗い表情の自分に嫌気がさしているのかもしれません。

そんな時は、まず、そのままのあなたを受け入れてあげましょう。後ろ向きな自分でも、今現在の自分に納得をしてあげるのです。今ネガティブだったとしても、あなたはそれを変えたいと意識しはじめたのですから、それはとても素晴らしいことです。今の自分を否定したのでは、この先も「大切な自分のために将来を良くしようと行動する」ことができません。

そのままの自分をそのまま受け入れてあげる、この「自己容受」が、まず第一にあなたがすべき大切な事柄です。

方法3. 後ろ向きの原因を探る

あなたは今、何を見ているでしょうか。前向きになれないと感じているなら、後ろにある、過去の何かを見続けてしまっているのかもしれません。そこにあなたがネガティブになっている原因があるのなら、一度掘り下げてその事柄を探ってみるのはいかがでしょうか。

失った目標が転がっているのか、言われて傷ついたひどい言葉が溜まっているのか、もしくはやろうと思っていたのに手を付けずに放置していることが、あなたの後ろ髪を引いているのでしょうか。

何が嫌で鬱々としているのか、理解できていないと対処しにくいものです。その原因をはっきりさせてみると、それを断ち切って行う、気持ちのシフトチェンジがしやすくなってきます。

方法4. ジャッジするのをやめる

人は毎日、数限りない「判断」をしながら生きています。今起きるかあと5分寝るか、頭が痛いけれど我慢して仕事に行くかそれとも休みを取るか、そんなことを決め続けることで生活しています。

ネガティブ思考になっていると、判断し行動した後でそのひとつひとつに、「誤りだった」「間違った決定をしてしまった」という負のジャッジをしがちです。

「やっぱりやめておけばよかった」「あの時どうしてやっておかなかったのだろう」そんな風にその都度、自分にダメというレッテルを貼ってしまっています。

このように正しいか間違っているか、善いことか悪いことか、いちいち後から決める思考パターンは、あなたの心を疲弊させてしまうので、結果「前を向く」ことができなくなっていきます。自分で自分を追い込んでいるようなものです。

自分がしたことは「そうした」という事実だけで十分です。それを後からジャッジして、気持ちを暗くするのはやめましょう。既に行ったことを後から「悪だった」と考えたとしても、それをやり直すことは出来ないのですから、後悔することでこころに負担を与えることのないようにしてあげるのが、前向きに生きるコツです。

方法5. 不安ぐせ、心配ぐせをやめる

嫌なことが続くように感じるとき、人はいつもなんとなく不安で、また悪いことが起きるのではないかと心配になります。そしてその不安感が一種の「クセ」のようになって、どんなことでも悪い方に考える回路の中から抜けられなくなっていきます。

「心配中毒」とでも言うべきこの癖は、あなたの気分を常にネガティブにするので、常に心配事があるという方は要注意です。常に心配事を取り入れたくなる中毒症状のように、何でも心配の種にしてしまう癖に気付いたら、早めにその癖をやめなければいけません。先のことを不安に感じすぎると、新しいチャレンジはできないからです。

せっかく前向きになりたいという感情を持ったのですから、それを台無しにしないようにしましょう。何事もやってみなくては分からない、行動してみてうまくいかなければ、次のことにチャレンジすればいい。そう自分に言い聞かせることで、あなたは必ず強くなれます。不安、心配は「ワクワク感」で押し流してしまいましょう。

方法6. 情報や他人の感情に振り回されない

テレビをつけっぱなしにする習慣のある方は、そこから流れてくるニュースや、有名人の発言に心がざわついていないかを振り返ってみましょう。また、何気なく毎日見てしまうSNS上の写真や言葉に、気分を害されたり、がっかりしたりしてはいないか、十分に思い返してみる必要があります。

自分に入ってくる情報をコントロールせずにいるということは、攻撃的な人の前にただ立って、殴られるのを待っているようなものです。実際殴られそうになったとしたら、あなたは即座に逃げるはずですから、心が「殴られ」そうな時も、急いでそこから離れなくてはなりません。

暗い出来事や人の悪口が発信されるのを、見たり聞いたりするのはやめましょう。そういうネガティブな情報が、自分の気持ちを振り回すことがないようにすることで、あなたは今より気持ちのブレがなくなってくることに気付くはずです。こころが平穏な状態であれば、あなたの「前向きになりたい」という希望は、今よりずっと叶えやすくなるはずです。

方法7. 自分をとことん甘やかしてみる

時々「自分へのご褒美」をあげる、という方は多いと思います。何かを達成したときや、ボーナスが上がった時など、特別な時にだけ自分へのプレゼントを考えて、いつもは我慢して自分に厳しくしようと心掛けているかもしれません。

しかし、この機会に一度、自分のわがままをとことん聞いてあげるのはどうでしょう。甘やかされていると感じるとき、誰でも無条件に嬉しくなってしまうものです。

「ポジティブになろうと努力を始めた私」は素晴らしい、特別な「私」であると認めてあげて、なにか我慢していた美味しいものを食べたり、お休みを取ってのんびり温泉に入ったり、憧れだったアクセサリーを買ってみたりするのはどうでしょうか。

そう考えただけで、少し楽しくなっていませんか。思わず笑みが浮かんでしまう、その時のポップな気分が、あなたの「前向き生活」の始まりです。

方法8. ポジティブな一日を想像してみる

今までの考え方を即座に変えることは、どれだけ決意が固くても難しいものです。もし実際に今すぐ「前向き」にはなれないと感じるなら、前向きになった自分が毎日どんな風に生活するか、具体的に「想像」してみましょう。

朝気分良く起きて、お気に入りの服に着替え、美味しいコーヒーを飲む。鼻歌を歌いながら通勤、同僚と笑顔でおしゃべりして、仕事も捗って上司に褒められる。ずっと軽い音楽が流れているような、そんな一日をじっくりと想像していると、あなたはいつの間にか笑顔になっていると思います。

そんな生活を毎日送ることができたら、きっと幸せだろうな、そんな風に憧れのような期待感を抱けるはずです。

きっとその想像の中のあなたは、すっと電車で席を譲ったり、友達に寄り添って励ましたりしていることでしょう。ポジティブでいると人は優しい気持ちで暮らせます。自分にも人にも温かく接することができるのです。

もっとポジティブになる方法について知りたい方は、以下のエントリーにその手法をまとめているため、参考にして頂ければ幸いです!

ポジティブになる方法15選!前向きになるために必要なことを厳選!

想像することができるなら、あなたは必ずそのようになれます。少しずつその素敵な想像上の自分に近づいていきましょう。

方法9. 同じ人生なら口角を上げて

人は自分の人生の長さを自分で変えることはできません。「笑っても一生、泣いても一生」という言葉通り、苦虫を嚙み潰したような顔で生きていても、笑顔を絶やさず過ごしても、あなたの人生は同じ速度で流れていきます。

それなら楽しく過ごした方がいいのではないでしょうか。あなたの置かれている状況は、それほど悪いものではないはずです。最低限の衣食住が確保できているなら、あとは自分の気持ちひとつで何とかなるものです。

鏡に向かって、笑った顔をしてみてください。口角を上げている自分を観察してみると、じめじめと下を向いた顔より、ずっと素敵だということが分かります。上述した様に、笑顔が持つパワーは本当に素晴らしいです。

誰もが、不満げな表情の人より笑顔の人に魅力を感じるものです。できるだけその笑顔で過ごせるよう、それほど良いことがないと思う時でも、意識的に口角を上げる練習をしていきましょう。

方法10. 毎日「言い換えゲーム」をしていく

土砂降りの日、窓の外を見てあなたは何を思うでしょうか。「あー、また雨か、嫌だなあ」「出かけるのが億劫だなあ」とつぶやいてしまう人は多いと思います。

そんな時、そのつぶやきをゲーム感覚で「言い換え」してみましょう。ネガティブ変換から、ポジティブ変換にチェンジしてみるのです。そのことで、あなたの気分はどう変わるでしょうか。

「雨は嫌だなあ」を「雨だとしっとりして、お肌が乾燥しなくていいわ」に変換できたとしたら、どうでしょう。たちまちその日は憂鬱な日から、スキンケアに有効な一日に変わります。

このゲームは、人間の力ではどうしようもない天候や病気、事故などのアクシデントに特に効果があります。「風邪を引いてしまった、これは自己管理が不十分だったせいだ」と自分を責めるのを変換して、「このところ睡眠不足だったから、この機会にゆっくり休んで、また頑張ろう」と言い換えれば、より一層ぐっすり眠れるはずです。

そしてその快適な睡眠から目が覚めたあなたは、スッキリと前向きに、明日の仕事の準備を始めることができるのです。

方法11. 笑顔のお裾分けをいただく

あなたは、誰と一緒にいるときが一番寛いだ気持ちになるでしょうか。怒りっぽく怖い顔をした人でしょうか、それとも和やかで落ち着いた人でしょうか。
前向きになりたいなら、前向きな人と時間を過ごすように心掛けましょう。人は親切にされるともっと親切にしたくなり、笑いかけられればにっこりしてしまうものです。

いつも不機嫌な人、何に対しても否定的なことをいう人は避けます。そのネガティブ思考に自分が引きずらないようにするために、人の悪口を言うのが日課になっている友人とは、距離を置いていかなければなりません。時には家族でも、神経質で小言の多い人とは離れる覚悟をしていかないと、自分のこころは守れません。

気持ちというものは自分が意識しているよりも脆く、流されやすいものです。できるだけ安心感のある、良く笑う楽しい人を選んで時間を過ごしようにしてください。

その結果あなたが笑顔で暮らせるようになれば、その笑顔をまた誰かに分けてあげることができるのです。

方法12. 今この瞬間を丸ごと愛する

何の悩みもなかった子供の頃のことを考えてみると、毎日がキラキラと輝いていたと感じると思います。何気ないことがすべて新鮮で、どれもが喜びにつながっていたからです。

公園で遊ぶ、という行動だけをとってみてもどうでしょう。まず玄関で靴を自分で履けたことに喜び、外の空気を吸うと思わずはしゃいでしまうほど幸せになっています。歩けること、走れることが楽しくて仕方がないのです。

公園でドングリが落ちているのを見つけたら、その子はもう、歓声を上げてしまうほど嬉しくなります。そしてそれを見ている大人も、ほんのりと幸せな気持ちになるものです。

そんな気持ちを今でも持てたら素敵だとは思いませんか。今、あなたが生きているこの瞬間の全てを、新鮮な気持ちで喜んでみるのです。

最近は「マインドフルネス」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、それほど難しく考えなくても、今この瞬間のことだけに集中して、余計な感情につつかれないようにするだけでいいのです。

どんな小さなことにでも、喜びの種が詰まっています。「前向き」という名のドングリを、今日もたくさん拾うことができるはずです。

方法13. 「色」を味方につける

健康になれる、と年配の方々に人気の高いインナーは、赤い色のものが多くあります。それは魔よけの意味もあるそうですが、心理的に見て赤という色は高揚感や満足感を刺激する色です。

実際赤いインナーを身に着けると、血流が良くなって体温が上昇するといいますから、目から入る「色」という情報は体や心に大きな影響があると言えます。

部屋のカーテンやラグ、ベッドカバーなどの面積の大きいところに、グリーンや淡い水色を使うと、気分がリラックスして落ち着いて考えることができるようになります。また、ピンク色の小物を持ち歩くと、気分をウキウキして女子力が上がると言われますし、ホルモンバランスにもいい影響があるそうです。

ポップな赤やオレンジを、毎日使う携帯ケースに取り入れれば、楽しい気分を保つのに役立つかもしれません。

このように、前向きにやっていくために「色」を意識してみるというのも、あなたの背中を押してくれるひとつの手段です。

方法14. 他人に依存しない

「結局彼女は何もしてくれなかった」「あの人に期待したのが間違いだった」こんな風に感じるとき、あなたは自分の気持ちが裏切られ、未来がその人によって台無しにされたように思っているでしょう。あなたの気持ちを暗くしたのは他の誰かですから、どうしようもなかったと思うかもしれません。

でも、そのように考えたのでは、あなたが他の人に、自分の将来を任せたことになってしまいます。知らず知らずのうちに他人に依存しすぎているために、自分の大切な未来の時間が犠牲になっている状態です。

自分の明日は自分でコントロールする、という決意をしましょう。他の誰かが、あなたの明日の気分を決めるのを許すことなく、自分の「いい気分」は、自分でしっかりと保つという明確な意思を持つのです。

自分の将来の決定権はあなた自身にあります。これから先、下を向いて生きるか、前を向いて生きるかを選ぶのは、あなただけに与えられた権利なのです。他人にこれを渡してしまわないように注意しましょう。

方法15. 勇気が出るものを身近に置く

前向きになろうと努力しているのに、なぜかうまく行っていない気がする、気分が晴れないと思うなら、見たり触ったりできるものに手助けしてもらいましょう。

手触りの良いぬいぐるみや、お気に入りのハンカチ、大切にしている万年筆など、人によって勇気の出るものは違うと思いますが、「これがあるとなんだか元気になる」という自分なりの「勇気スイッチ」を用意しておくのはとても実際的な方法です。

動物が好きなら、猫や犬をなでたり、家で飼うことができなくても写真を飾ったりして、見ると思わず顔がほころんでしまう、そんなシーンを自分のために準備しておきましょう。

また絵が好きなら、子供の頃に読んでもらって、大好きだった絵本を書店で探してみるのも面白いと思います。ページをめくるたびに、読んでくれた母親の優しい声が、「今日も楽しくがんばりなさいね」とあなたを励ましてくれるかもしれません。

きっかけは何でも構いませんから、ちょっとした切り替えをうまく活用して、ポジティブな人生を手に入れましょう。色々な物や事柄が、あなたの前向きでワクワクした人生を応援してくれています。あなたには、必ずそれを実現できる力があるのです。

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

前向きになるための方法について、様々な観点からまとめてみました!もし、この記事を読んで、体にスイッチがはいり、「よし、実践してみよう!」という気になって頂ければ、本当に嬉しいです。

前向きになるための方法は様々あります。そしてそれに正解は無く、自身に合った方法を探すことが何より重要になります。是非毎日ワクワク生きる為に、色々な方法を試してみましょう!

他、メンタル関連エントリーはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です