過去に囚われる原因と対処法!過去と決別する方法教えます!

忘れられない過去がある。乗り越えられていない出来事がある。

どんな人にも存在する過去に、あなたは囚われていると感じることはありますか?

タイムマシーンが存在しない現在、過去を変えることはできません。どんなに願っても、どんなに祈っても、過去は過ぎた出来事であり、私たち人間の力ではどうすることもできません。

今回はそんな乗り越えられない過去を持つあなたへ、囚われている過去から抜け出す方法を示していきます。

辛い過去は、あなたが前へ進むことを阻んでいるかもしれません。ですが、その過去から抜け出す方法は必ずあります。自分にできそうなこと、心の琴線に触れる方法をまずは試してください。

過去に囚われる原因とは?

過去に縛られている人には、それぞれの理由があります。
ここから、そのいくつかの原因を探っていきましょう。

原因①:とてもいい思い出があるから

「あの頃はよかったわねー」
「私だって若いころは」
「昔は○○だったんだよ」

こんな言葉、大人が集まると数分に1回は聞こえるのではないでしょうか。
どれも昔を懐かしむ、「いい時代」を回想する台詞です。

ある人は、両親と過ごした幸せな子供時代を想うかもしれません。
またある人は、イケメンの恋人がいた学生時代のことを、他にも収入が良かったバブル時代を話題にする人も多いことでしょう。

こういった「いい思い出」は、思い出して気分が良くなるのであれば、「囚われている」過去とはなりません。
しかしそのいい時代の記憶が、今のあなたを苦しめているとしたら、それは「あなたを縛る辛い思い出」になっていると言えるのです。

原因②:非常に辛い思いをしたから

原因①とは反対に、とても辛い思いをしてきた人は、その苦い過去を忘れることができずに囚われ続け、苦しむことがよくあります。

身体的に怪我や病気をして、その後遺症やPTSDなどが残ってしまった人はもちろん、そこまで酷くなくても、心の傷を抱えたままになる人も多いのです。

幼いころ、特に脳が形成される時代に、暴力や精神的圧迫を受けた人は、自分の意志では制御できない深層心理に、辛い「過去を捉えて」しまっています。
これは強い痛みや言葉、その状況などが、心に刻みこまれてしまっている状態です。

それはあまりに深いところについた傷で、本人に自覚がないことも多く、これを覆すのは、時に非常に難しいもの。
それゆえ高齢になってもなお、自分が受けてきた辛い過去の記憶に悩まされている人が大勢います。
ですからこの「深層心理」が、悪い過去に囚われてしまう主な原因のひとつと言えるでしょう。

心の傷を癒すための10個の方法!

原因③:後悔しているから

自分がしてしまったこと、あるいはしなかったこと、できなかったこと。
こういった過去の行動を、後から悔やみ、何度も辛い気持ちになるひともまた、過去に囚われていると言えます。

そういった記憶の中には、本当は自分のせいではないのに、「私が悪かったんだ」と自己嫌悪に陥っているものも含まれます。
例えば家族の病気や死を、「自分のせいだ」と後悔し続けている、といった人がいますが、実はそのほとんどが因果関係のないものなのです。

しかし、それは本人にとってそれは忘れられない記憶であり、悔やんでも悔やみきれない、何度も心の傷をえぐる原因となってしまう。これも非常に辛い「囚われ」です。

他にも、
本当に愛していた人と別れた。
大切にしていた家や土地を手放さざるを得なかった。
というような「もう取り返しのつかない」と感じる過去が、人の心を縛り続けている、というようなこともあるでしょう。

自己嫌悪の5の原因と対処法!心の怪物をやっつけろ!

原因④:変化がないから

もしあなたが、先祖代々の土地に住み、仏壇やお墓などが身近にあるような家にずっと住んでいるとしましょう。
そこで生活し続けながら、昔のこと、過去の出来事を全く思い出さずに生きていくことはできるでしょうか?

おそらくそれは不可能です。古くから変化のない生活環境にいれば、過去と現在は非常に密接な関りを持ち、断ち切ることはできません。

これと同じように、思い出がある時代から変わらない場所、あるいは環境に暮らしていることが原因で、過去に囚われ続けるということもあるでしょう。
物や場所、その触り心地や匂いは、何度でも記憶を呼び戻します。それがあなたを過去に縛っているのです。

原因⑤:反芻しているから

以前はとても忙しく、目まぐるしい時の中で過ごしていた人が、時間を持て余すようになると、「記憶の反芻」をするようになります

これは退職してやることがなくなった人や、子育てが終わって独りぼっちになったような人によく見られる状態です。
そういった毎日の中、いい記憶も悪い記憶も繰り返し思い出すことで、その中に今も生きているような錯覚を起こしてしまいます。

もちろんこれ自体が悪いわけではありません。思い出すことで自分の人生を楽しんで振り返り、満足感を得ているならば素晴らしいことです。

それでもその反芻する記憶が、姑にいびられた経験や、近所の人の悪口など、マイナスなものであれば話は変わってきます。
思い出すのが嫌な記憶なら、反芻することで何度も傷がえぐられ、こころを繰り返し傷つけることになってしまうからです。

これは、いじめを受けた記憶が、母親になっても消えずに呼び起こされるというような、どの年代にも起こってくる「過去への囚われ」とも似ています。
その囚われが原因でまた自分も、自分の子供に体罰を加えるような、悪循環が起こることもあり得ます。これも、「記憶の反芻」の恐ろしいところなのです。

原因⑥:現在に不満があるから

今の生活に何の不満もなく、自由で楽しい。
そんな人は過去を思い出す必要がありません。

ですから、「過去に囚われている」ということイコール、「今を楽しめていない」「人生がうまくいっていない」ということ。
現在と過去を比べて、過去のほうが良かった、そう思うことで自分を縛っていることになります。

もちろん現状に全く不満のない人と言うのは、この世に存在しないかもしれません。
でも今が適度に忙しく、意欲的に考えることや、やることがいっぱいある、そんな人なら昔を思い出している暇なんかない、と言うことでしょう。

ですから体力の低下や収入が減ったこと、人づきあいがなくなったなど、
「さみしい」「何もできない」と感じるような「今」を過ごしている人ほど、「過去に囚われる」可能性が高くなってきます。

人生がうまくいかない時の対処法!人生の停滞期を乗り切れ!

原因⑦:本能だから

人間には生まれ持った本能が、いくつも備わっています。

例えば不安や恐怖というのも、元を正せば生き延びるための自己防衛本能であり、こういった働きをもっているからこそ、人間は現在まで絶滅せずに生き残ってこられたのです。

そして過去に囚われてしまうというのも「ネガティビティ・バイアス」という、物事を悲観的に捉えることによって、常に危機的状況に置かれていると錯覚させ種を守る。という本能が働いているためともいえるのです。

はるか昔から、現在まで受け継がれた遺伝子レベルで刻み込まれた本能が、自分たちを過去から抜け出すことを邪魔をしている場合があるのです。

過去から解放される方法!

いかがでしたか?あなたに思い当たる「過去に囚われてしまう原因」はあったでしょうか。
それではここから、辛い過去からあなたを解放する、具体的な提案をしていきます。

方法①: 物を手放す

これまでの記憶いっさいがっさい、とにかく出来るだけ過去すべてから解放されたい!
そう思うならまず始めに、「もの」を「手放す」ことから始めましょう。

「学生時代が黒歴史だ」という人なら、その頃の写真や手紙、文集、制服など、思いつくものはすべて目につかないよう箱にしまい、封をしてしまいます。
そして今日から1年の間、一度も「開けたい」と思わなかったら、中は見ずに捨ててしまいましょう。

他にも元カノにもらったもの、疎遠になった友人からのプレゼントなど、見てちょっとでも気分が害されるものがあれば、すぐさま「過去BOX」に入れてしまいましょう。
そしてこれもきちんと封をし、1年の期限をつけてゴミにしてしまうのです。

もちろんすぐに捨てられるものは、どんどん捨ててかまいません。
でも今まで何となく取っておいたものを手放すのは、踏ん切りがつかないという人も多いでしょう。ですから1年、その物を見ない期間をつくってから、納得して捨てていくようにしてみてください。

きっと気分もお部屋も、すっきりさっぱりし囚われていた過去とも、少しだけ距離をとれるようになりますよ。

方法②:話して昇華させる

誰かと話すことで、気持ちを昇華さして上げましょう。

ひとりでずっと同じことを考えていると、小さな過去がとても大きな辛い記憶として焼き付いてしまうことがあります。
例えば、可愛がっていたワンちゃんが死んでしまったことを、何年も思い出して泣いている、というような場合です。

こういう時は、同じような経験を持つ人と、ワンちゃんの話を思いっきりしてみましょう。そうすればあなたが、深い愛情を持って育てていたことや、最後まで面倒を見て可愛がったことを、その人が認め、褒めてくれるに違いありません。

このように、人に話すという行為は、それだけでカウンセリングのような作用があります。ですから口に出せば、その悲しいあなたの記憶が、美しい経験として昇華されていき、「辛かった過去」は、あなたの「大切な思い出」に生まれ変わることができるのです。

方法③:なんでも過去とつなげて考えない

過去に引きずられるのは、今からやめにしましょう。

自分はどうせ何をやってもダメな人間なんだ。自分にはこんなことを実現する力はない。そんな風に考えているなら、今現在あなたは、自分の実力を過去に囚われていることになります。

自分の力を卑下し、過小評価し、嫌いになってもてもいい事は一つもありません。そして以前できなかったことが、100%できないなんて決めつける必要もないのです。

『過去と今を結び付けすぎない』そして、自分を否定しないというのも、囚われている過去から抜け出す方法です。

「自分が嫌い」な人が自分を好きになる為の14個の改善方法!

方法④:明るい未来を想像する

自分が望む明るい未来を想像してみましょう。

温かく優しい空気の流れる家庭を持つ。自由に世界中を旅しながら、ルポを書く。仕事で成功して役員になる。

人それぞれ、夢やワクワクする未来は異なります。ただ、どんな夢でも目を閉じて、思い浮かべると胸が熱くなったり、気持ちが踊ることを体感することができるはずです。

過去に囚われていつも後ろを気にしてしまっている人は、意識的に『前』つまり『未来』を想像して過ごしてみましょう。過去は思い出して構いません。無理に忘れようと押しつぶすと、余計に忘れられなくなってしまうため、囚われた過去を思い出してから、自分が想像する明るい未来を次に思い出す訓練をしていきましょう。

明るい未来をすぐに思い描けるようになればしめたもの。あなたは少しずつ過去から解放されていきます。

毎日をワクワク生きる!前向きになる方法15選の紹介!

方法⑤:書いて破って捨てる

人に傷つけられた嫌な記憶、どうしても忘れられない怒りや憎しみ。
人生にはたくさんの理不尽なことが起きるものですが、そういう行き場のない感情から解放されるには、「書いて」「捨てる」のが非常に有効な方法です。

本当に悔しい。○◯は憎んでも憎みきれない!
あんなやつ死んでしまえ!ばかやろう!

こんなひどい言葉でも、もっと強烈なことでもいいのです。
具体的な名前や日付、場所まで入れて、書いて、書いて、書きまくりましょう。
そしてその紙を、思いっきり破いて、投げつけるように捨ててみてください!

騙されたと思ってやってみてください、想像以上にすっきりします!
そうです、あなたのそういった負のイメージは、間違ったものではなく、抱いて当然の感情なのです。

この方法は憎しみや怒りを、破って捨てるがごとく「ぽいっ」と捨て去ることが出来るということを、身をもって実感できるやり方です。ぜひお試しください。

方法⑥: 人脈を断つ

辛い過去を思い出す人との関係を立つことも、時には自己防衛として必要です。

とても深刻な病を、数年かかって完治させたある人は、「自分がその病気だったと知っている人とは、もう極力会わないし、話をしない」と言っています。
もちろん闘病時代のことを恥じているのではなく、過去を振り返って苦い思いを分け合うのをやめたのだ、と笑顔で語るその人は、病気からも過去からも「自由」になっているのでしょう。

この人物のように、傷をなめ合うのをやめ、古い人脈をすっぱり断ち切るのは、過去に囚われないために、非常に効果的な方法です。

方法⑦:生活に変化を加える【引っ越しをする】

今までとは全く違った場所で生活することで、囚われていた過去に立ち向かう方法です。

まず今までと違う毎日を送るために、新しい部屋へ引っ越しをします。
別の部屋に住めば、今までそこに集ってきた、思い出したくない人たちをとりあえず回想するシーンは減るはずです。

そして新しい街で、新しい店を探し、新しい生活に身を置くようにします。

こういう変化を、よく「逃げ」と批判する人がいますが、逃げるのは悪いことではありません。そうです、「その場からの離脱」こそが問題を終わらせ、収集する一番の方法ということもあるのですから。

方法⑧:生活に変化を加える【転職する】

仕事を変えてみるのも、過去との決別にとても役立ちます。

毎日行う仕事、作業が違うということは、行動や考えのパターンが変わることになります。そして新たに覚えるべきことが増えることで、気持ちの中に「過去を思い出すスペース」を作らないようにできるのです。

転職することで、あなたの新しい一面も発見できるかもしれません。「忘れたいから」といったネガティブな理由だけでなく、心機一転、チャレンジしてみるのも悪くないでしょう。

このように過去を押しやるだけでなく、新しい記憶で「上書き」していきましょう。何度も上書きしていくなら、過去のデータなど、どこかに消え去ってしまうものです。

方法⑨:生活に変化を加える【外見を変える】

「人は見た目が9割」という言葉もあるとおり、外見と言うのは、自分にも他人にも大きな影響を及ぼすものなのです。

よくアニメのキャラクターを真似た、いわゆる「コスプレ」をする人がいますが、そういう人は日常から離れ、ある意味「今までの自分」を忘れる時間を作っているとも言えます。

ですから、過去から自分を引き離すために、見た目を変えるというのは理にかなったことだといえます。
真面目過ぎた過去が嫌なら、ヘアカラーを試してみるとか、軽く見られた過去を捨てたいなら、ビシッとスーツで決めてみるとか。
そんなことでも、人からの評価は簡単に変わることがあるものです。

こうして外見が変化したあなたを、人は褒めたり評価したりすることでしょう。そういう喜びがあなたの「今」を豊かにしていきます。

方法⑩:生活に変化を加える【新しい出会いを作る】

あなたの辛い過去を知らない、新しい出会いを積極的に作っていきましょう。

外見を変えたら、いつもとは違う人達と、仲良くなるきっかけがもてるかもしれません。転職したらそこにいるのは『今のあなた』しか知らない人達です。

過去を思い出してしまうのは、いつも何かしらの『きっかけ』が存在するものです。だからこそ、辛い過去を思い出すきっかけがない『新しい出会い』積極的に求めることで、過去と少しずつ距離を置くようにしましょう。

新しく出会えた人たちとは、ぜひ新しい話題で、新規のあなたとの人間関係を築いていってください。できるなら昔の話はせずに、今、そして未来の話をしていきましょう。

方法⑪: 「許す」とは「『自分に』決着をつけてあげる」こと

「あの人に言われた嫌な言葉が、どうしても忘れられない」
「浮気をした昔の恋人のこと、今でも思い出してムカムカする」
こういう過去は誰でも、いくつか持っているものではないでしょうか。

ではそんな嫌な記憶に、ずっと囚われている人と、もう囚われていない人の違いとは、何だと思いますか?
それはその相手を「許す」ことができたかどうか、なのです。

『そりゃあ許したいけど、なかなか許せないんだよね』と思っていませんか?
では、どのようにすれば「本当に許す」ことができるのでしょうか。

まず、こころから相手を「許す」には、自分の中でその事柄に決着をつける必要があります。
なぜなら自分が納得いっていないことと言うのは、無理に忘れようとしても、忘れることなどできないからです。

嫌なことを言ったその人は、なぜそんなことを言ったのか?
彼女はどうして自分を裏切ったのか?
もちろん過去のことで、しかも相手があることですから、真相は分からないところもあります。しかし大切なのは「自分に決着をつける」こと。

  • あの人は八つ当たりであんな酷いことを言っただけ。私を特に憎んでいたわけではなく、誰にでも酷いことを言う人だったんだ。友達でい続ける必要はなかった。
  • 彼女は子供っぽくて、どうせ将来を考えられる相手じゃなかった。別の人生を選んで正解だったんだ。

このように、自分への点数を甘くして、自分なりの納得をして「気持ちの落としどころ」を明確に作りましょう。
そうすれば相手に対する恨みや憎しみから離れることができ、自然と「許し」て「忘れる」ことができるようになります。
そうです、忘れられれば、あなたはもう、その人や言葉に囚われることはありません。

この「許す技術」はこれからの人生に、非常に役に立つものです。
ぜひこの技を習得して、これからも過去に囚われない人生を歩んでいってください。

許せない時に相手を許すための14の方法!

方法⑫:諦める

囚われている過去から自由になりたい、過去から解放されたい。そんな風に考えるのを一度やめてしまうのも方法です。

過去とどのくらいの時間で決別できるのかは、あなたが受けた心の傷によって違います。確かに、素敵な記憶や出来事で気持ちを上書きしたり、自分自身を振り返って気持ちの整理をつけたりすることはできます。

でも世の中にはどうしても、どんなに頑張っても簡単には忘れることのできない、乗り越えられないことも存在します。

そんな時は自分は過去に囚われてしまっている。という事だけを認識して、下手にあらがわずそこから抜け出すのを諦めるのも方法です。

今はまだ、そこから抜け出す時期ではないのです。

今はまだ、立ち上がる気力さえないのです。

だからこそ、無理に明るい方へ向かわずまずは時間の流れに身を任せて、自分のタイミングで立ち上がる機会を待ってみましょう。時間は全ての人々に平等にそして、絶え間なく流れています。

あなたがなかなか過去から抜け出せないのは、それだけその出来事があなたにとって大きなことだったからに違いありません。無理に前を向かず、足に力が入るようになってから、立ち上がる気力が湧いてから、それから明るいところに戻ったっていいんですよ。

過去に囚われてしまう人へおすすめの書籍

つらかった過去を手放す本 石原 加受子

心理カウンセラーが、つらかった過去の記憶から自分を解放する、新しい生き方を提案してくれる本です。

こころの自由を取り戻し、本来の「自分らしさ」を再び手にすることができる、そんな希望を持てる内容になっています。

まとめ

嫌な思い出がどうしても消せない。
何度も思い返してしまう。
思い出すたびに辛いのに。

あるカウンセラーは、きっぱりと
「嫌なことを何度も思い出すことは、リストカットを繰り返すのと同じこと」と言い放ちました。自分を傷つけ続ける、その行為は自分の努力でやめなければならない、という強い言葉です。

過去に未来を奪われないでください。

辛い過去を思い出している、その時間はあなたの大切な「今」であり「未来」です。
繰り返し思い出すことで、それを失っているということに気づいてください。
そしてもう過去に囚われないために、あらゆる努力をしましょう。

過去があなたの中で本当の『過ぎ去った出来事』に変わった時、初めてあなたは未来へと踏み出すことができます。

この記事が、あなたを明るい未来へ導く手助けになれることを願って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です